自転車通勤にお勧めのリュックは絶対にmont-bellのサイクールパック

mont-bell サイクールパック20 レビュー

登山用品で名高いmont-bellには自転車用品も多く販売されています。
僕は基本的にロードバイク用品はロードバイクメーカーの物を使うのですが、自転車通勤に使っているリュックはmont-bellの「サイクールパック20」

以前に使っていたのはごく平凡な名もないリュックだったので、急に自転車用リュックに変更したから大袈裟かも知れませんが、

とにかく快適過ぎる!

素晴らしい!

自転車通勤・通学のリュックなら迷うこと無くmont-bellの「サイクールパック」がおすすめです

平凡なリュックを使っていた時(一応背面はメッシュ)は会社に着いた時にはもう背中はムレムレの汗ダクダクでTシャツが背中にビッショリ張り付いている状態でしたが、「サイクールパック」に買い替えてからというのも背中はかなりドライ。

そりゃ炎天下で自転車に乗るわけですから、運動による発汗はありますが、リュックの蒸れによる発汗はほとんどありません

自転車に乗っている限り強制的に風が背中を吹き抜けるので、影の中を走ろうものなら汗もすぐに乾きます。

自転車通勤による背中の汗でシャツがビショビショになってしまう人や、背中の汗負けによるあせも、出来物に悩まされている方は今すぐリュックmont-bellのサイクールパックに変えるべき!

mont-bellとドイターどちらを選択するか

ロードバイク、クロスバイク乗りが選ぶリュックの人気メーカーと言えばドイターとモンベルの名前が挙がりますね。

僕はこの2メーカー間で使い比べたわけではないのですが、決定的な決め手が難しいところ。

自転車通勤、通学と一言で言ってもリュックに必要な容量やポケットの位置は人によって変わりますからね。

まず容量で10Lや20Lと言われてもピンとこない人は、お近くのスポーツ用品、キャンプ用品店へ赴き実際の容量のイメージを掴んでおくことが大事。

僕が最終的にmont-bellを選択した理由は実店舗が近くにある安心感

リュックって何かと乱暴に扱いがちじゃないですか

荷物が入った状態で地面にドンと置いたり、パンパンな状態なのに力ずくでファスナーを閉めようとしたり。

経年劣化による破損、故障で修理の事を考えると実店舗が近くにあるのは安心できるんですよ

ドイターは修理の受付は行っていますが、ホームページを見る限りでは「販売店へお持ち下さい」としかありません

関連:Deuter.com 修理について

僕の周りではドイターの販売店がちょっと遠かったこと、mont-bellは専門店が近くにあることが大きな決め手となりました。

他に、もしも故障などがあった時に仕事が忙しくてショップへ行く暇がなくても、mont-bellはカスタマーサービスへ送れば修理の可能、不可能や期間、値段などを見積もってくれるらしい

関連:mont-bell サポート

モンベル サイクールパック20 レビュー

さて長い前置きとなりましたが、mont-bell「サイクールパック20」のご紹介です

サイクールパックと言う名の通り、自転車乗りのために嬉しい機能が幾つもあるリュックなわけですが、やはり目玉は背中の蒸れ、汗対策。

頑丈なワイヤーを使い、背中とリュックの間に風が通る「)」の字の空間を作っています

自転車通勤 リュック おすすめ

下から見たところ。
空間が開いているのがハッキリとお分かりになるかと。
サイクールパック 20 レビュー

横から見たところ
mont-bell サイクールパック20

風の通る空間が常時空いているのがお分かりでしょうか。
自転車に乗って漕いでいる限りこの隙間に風が通ります。

今まで平凡なリュックを使って背中汗だくになっていた僕にはもう天国!

リュックと背中が当たる部分はメッシュ構造で通気性が高く、幅もあって頑丈なつくりです
自転車通勤 リュック 背中

リュックで壊れやすい継ぎ目やファスナー。
一流メーカーは裁縫もしっかりしてます。
mont-bell サイクールパック 20 使い心地

メーカー発表では空気抵抗を意識して流線型のフォルムという事ですが、正直ここは「スゲー」という感覚は無い。
元々荷物が多い方で、リュックはふっくらしているのでどっちにしても横風は受けそう
自転車通勤 おすすめ リュック

ハイドレーションシステム対応

モンベル独自のハイドレーション機能に対応していて、別売りのリザーバーを使う事でリュックのままストローで水分補給ができる仕組みになっています

関連:CAMELBAK(キャメルバック) アンチドートリザーバー 1.5L 1821707

登山家なら重宝しそうな機能なのですが、バイク乗りなら既にボトルゲージにボトルを差しているでしょうし、リザーバのお値段もボトル並なので少し微妙に感じる部分もあります

ヘルメットホルダー

サイクールパック外側にあるモンベルロゴのすぐ下のファスナーを開くとヘルメットホルダーが出現、両脇にあるキャッチに嵌め込むとヘルメットを収納できるスペースの出来上がり。
サイクールパック ヘルメットホルダー

サイクールパック20 使い方

ヘルメット収納は自宅だと自転車に引っ掛けたり適当ですが、会社ではかなり役立ちます。

レインカバー

ヘルメットホルダーの更に下、リュック最下部にあるファスナーを開くと付属のレインカバーの収納場所。
ゲリラ豪雨などに見舞われた時はサッとレインカバーを取り出してリュックにかければOK

サイクールパック レインカバー 使い方

自転車通学 おすすめリュック 

サイクールパックは元々撥水力の高い生地を使用していて、小雨ならカバーも不要な防水力があるんですけど、夏場の夕立ちは激しいものが多いので助かります

外部小物入れ

サイクールパックの両脇にある小さな収納。
ウエストベルトの端に位置しているのでここに何か小物を入れておくと、取り出したい時にわざわざリュックを降ろす必要がありません

サイクールパック 便利

しかし一般的な財布などが入らないスペースなので、ここをどう活用するかは所有者次第。
ここも登山家なら飴ちゃんとか入れておくと良さそうなんですが、自転車乗りなら何を入れるべきか?

パッと思いつくのは財布ですが、一般的な財布は入らない大きさ。
僕はアブラサスの小さい財布なので余裕で収まります

サイクールパック 評価

これが自販機などで大活躍!

リュックを下ろす必要無しです。

※関連:abrAsusの小さな財布は自転車乗りに超おすすめできる財布だった!

ま、しかしホントに結構小さいので人によっては活用できないスペースかも?

サイクールパック 内部

さて肝心の内部収納ですが、リュックを開くとメインの開口部です

mont-bell サイクールパック 評判

この先のレビューってかなり難しい。

リュックに入れる物って人によっては全然変わりますし、2リットルの水筒と言っても水筒によって高さや幅も変わります

あくまで僕目線によるレビューとなりますが、ホームセンターなどで販売されている2リットル水筒が横向きに収まるんです!!
mont-bell サイクールパック 評価

左右均等に重さを配置するべきな通勤リュックにおいてこれは非常に有難いこと。

弁当箱、カッパなどの雨具、着替えなどを詰めてもまだまだ余裕があるんです。

ただ、サイクールパックは上へ上へと荷物を積み上げていくタイプなので、最下部に入れた物を取り出す際は物を全部出す必要があります

自転車旅などで途中途中で物を取り出すのは少しツラい事を思えばやはり通勤、通学向きのリュックかと。

内部ポケット

サイクールパック内部にはファスナー付きポケットが2つ、ファスナー無しが1つと計3つのポケットがあります

サイクールパック 使いやすい

よっぽど荷物が多い人でなければ20Lタイプならメイン収納で物は収まりますが、自宅の鍵や財布など小物を入れておくと便利。
雨の日にはジップロックに包んだiPhoneやモバイルバッテリーなどでしょうか。

リュックのレビューは難しい

リュックのレビューって初めてですが、本当に難しいですね

「物を入れる」目的は同じでも入れる物や量が人によって全然違いますからね。

しかし20Lタイプだとかなり多くの物を収納できます

自転車通勤と考えると、やはり水筒、弁当、着替えなどになると思いますが、よっぽどじゃないと余裕をもって収納する事ができます

サイクールパックには10L、5Lと目的に合った大きさが選択できますが、たまに買い物をして帰る事を思うとあまり小さいのもどうかと思います

ただ、自転車での使用を考えた時、このサイクールパックの通気性、快適性は超お勧め

騙されたと思って使って欲しい。

二度と普通のリュックには戻れなくなると保証します

[モンベル] mont-bell サイクールパック 20 1130305 BK (BK)


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ