Wahoo RFLKT 使い方

Why rflkt 使い方

Apple WatchにするべきかiPhoneマウントにするべきか、Wahoo RFLKTにするべきか悩みに悩んで購入したRFLKT+
取り付け後早速走りまくってその便利さを堪能しています。

これからも自転車乗りならiPhoneをサイコンとして活用するために必ずApple WatchかRFLKTに辿り着くことになると思います

そんなわけでWahoo RFLKTの使い方や便利なところなどを纏めてみました

Wahoo RFLKT 使い方

ペアリング
いきなり購入後の使い方についてですが、RFLKTを開封して使い出す前にiPhoneとペアリングする必要があります

ログ取りに使っているアプリは人それぞれだと思いますが、ここでは僕がずっと使っているCyclemeterで。

公式サイトで対応アプリを調べることができますが、iPhoneをサイクルコンピュータとして使っているならほとんどの人がCyclemeterではないのでしょうか?(僕の思い込み?いやそんなことはないはず)
使っていない人は乗り換えるべきでしょう

当然Wahoo 純正アプリも対応しています。僕はBluetooth機器の調子が悪い時に通信状況を確認するためにインストールしています

Cyclemeter GPSサイクリング、ランニング、ウォーキングやマウンテンバイク App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

既にWahoo Blue SCやBlue HRをお使いの人ならご存知でしょうが、これらの機器の登録(ペアリング)はアプリごとに行う必要があります

RFLKTの両端にあるボタンのどれかを押すと「Searching」とRFLKTに表示されペアリングできる機器を探し出します

RFLKT 使い方

ではiPhoneでCyclemeterを起動。アプリの機器の追加は画面右下の「その他」から”デバイス”を選択。ちゃんとRFLKTが表示されています。
(因みにCyclemeterでApple WatchやRFLKTを使うにはアプリ内課金からEliteコースに入っておく必要があります)

RFLKT ペアリング

CyclemeterでRFLKTの追加を選択するとRFLKT側の画面が変わるのでRFLKT本体の右下のボタンを押します

Wahoo RFLKT 使い方 ペアリング

Cyclemeterにペアリングしますか?と効かれるのでOKをタップでペアリング完了。簡単ですね

wahoo RFLKT ペアリング2

この時点でRFLKTにはCyclemeterの表示が反映されるようになっています。

RFLKT 画面設定

RFLKTの画面構成を作成するのは利用アプリから。

cyclemeterの場合ですと、先程と同じく画面右下の「その他」からデバイスを選択して、画面下へ進むとRFLKTの設定という項目があります

wahoo rflkt 使い方 画面設定

ここでRFLKTの画面に表示する項目やRFLKT本体のボタンを押した時の挙動をカスタマイズするのですが、初めてRFLKTの画面をカスタマイズする人の多くが躓くであろうことが、即時反映される項目もあれば反映されない項目もあること。

表示する項目(スピードや距離など)は即RFLKTの画面に反映されるのですが、ペインの大きさ、フォントサイズやキャプション、アイコン表示などの変更は即座に反映されません

一度cyclemeterを完全終了すれば接続が切れたRFLKTは自動で終了するので再度cyclemeterを起動してRFLKTの電源を入れて読み込むと変更がちゃんと反映されます

CyclemeterでRFLKTの設定を開き、画面右上の「+/設定」→「+」と選択すればテンプレートが幾つか用意されているので、細かな設定が面倒な時はテンプレートをそのまま使ったりテンプレートのレイアウトから表示項目やフォントサイズなどを変更すると捗ります

RFLKT 画面設定反映されない

wahoo rflkt 画面設定ボックス

通勤時に使用する画面を作成してみましたが、通勤時に必要な情報といえばとにかく現在の時間!

腕時計を付ければ表示不要な項目ですが夏場は時計焼けがアレなので基本付けていません。
限られた通勤時間では距離なども不要ですが一応こんな感じで作成しました。
解像度の問題でアイコンは全て完全にオフ。キャプション(単位表示)もほとんどをオフにしています
(それでもボックスからキャプションがはみ出ていますが走行時は問題なく確認できますよ)

Rflkt 使い方 設定 Cyclemeter

複数ページを作成、保存しておけばRFLKTのボタンでページめくりが可能なのでポタリング用やローラー用など作っておくと良さそうです

ボタンの挙動変更

cyclemeterの「RFLKTの設定」下部に本体のボタンを押した時の設定ができます

RFLKT両側にあるボタンは全部で4つですが、各ボタンの1回押し、2回押しとで8通り、他に上2つのボタン同時押し、下2つのボタン同時押しと全部で10通りの挙動を設定できます

ボタン挙動に用意されている項目は

  • アナウンス
  • バックライト
  • ラップ
  • 右ページ
  • 開始/停止
  • 左ページ
  • 再生/一時停止
  • 次の曲
  • 前の曲
  • 無し
  • と「無し」を除外すると10通りなので全ての動作を割り当てておくことができますが、僕は自転車を運転しながら音楽を聴くなんて自殺行為に等しいことはしません。

    よって挙動が余ってくるわけですが、あまりボタン一つ一つに動作を割り当てても覚えるのが面倒なので多分下の画像のような感じが使いやすいかも?

    Wahoo RFLKT 設定

    他に、季節柄まだ利用していませんが、画面最下部の方ではバックライトの時間や明るさなども調整できるようです。
    夏場は暗い時間に走る機会が少ないですし、万が一昼間にライトが付いていることに気づかず電池の無駄遣いがないように短めに設定しておくといいかも

    Wahoo RFLKT + 使い方

    そんなワケでここまで設定すれば後はiPhoneはポケットにしまってとっとと走りに行って下さい。

    スタート、ストップもRFLKT本体から押せるのでCyclemeterを起動してスポーツ時計を表示すればスリープしておけばOKです

    iPhoneを取り出したりしなくてもスタートやストップできることや、いつでも必要な情報を表示して確認できるだけで自転車に乗るモチベーションは一気に上がりますよ

    Wahoo Fitness サイクルコンピュータ RFLKT for iPhone (Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0対応) WAF-PH-000011

    Wahoo Fitness サイクルコンピュータ RFLKT+ for iPhone (Bluetooth SMART / ANT+対応) WAF-PH-000013


    関連記事

    Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ