Boot Camp:Windows7インストール時にキーボードやマウスカーソルが動かなくなる時の対処方

MacにWindowsをインストール

詳しい原因は全く解りませんが、先日友人と供にBoot CampでMacにWindows7を
インストールする時に、DVDドライブ付きの僕のMacBook Proでは不具合は無かったものの、
友人の2013 MacBook Airでは何故かインストール途中でWindowsのユーザー名や
パスワード入力時にキーボード操作、マウス操作が全く出来ない状態になり

Windowsのインストールを完了する事が出来ない不具合に遭遇しました
電源を切ってもう一度入れてもパーティションの作成やWindowsのインストール自体は
終わっているのでまたユーザー名やパスワードの入力画面になり、キーボード操作が出来ない状態

ここで普通なら考えられる方法、USB接続している機器などを全て外して再起動や
一度パーティションを削除してもう一度パーティション作成からやり直してのインストールも
試してみたが変化は無く同じくユーザー名入力画面でキーボード操作が出来ず、
Trackpadも無反応でマウスカーソルさえ動かすことも出来ない状態

こんな場面で躓くことは全く想定していなかったのですが、そこはネット時代とでも言うのでしょうか
やはり同じキーボード操作が出来ない、Trackpadも無反応という症状で
MacにWindowsをインストール出来ない人がAppleサポートページで相談しているのを
見つける事が出来ました
この症状は皆MacBook Air 2013、DVDドライブの無いタイプですが、
Appleサポートページでそれらの同じ症状の人を見るとMacBook Proの記載は何故か
1つも無いのでMacBook Airだけに起こる不具合なのかも知れません

AppleサポートページでWindows7インストール時にキーボード操作が出来ない症状を
乗り越えて無事インストール出来たわけですが一応その時の備忘録です
想定することが無いトラブルなので同じ人が参考になれば幸いです

2013 MacBook AirにWindows7をインストールする手順

1:インストールディスクの作成

ドライブにWindowsを入れ
Boot Campアシスタントを起動、初期画面で”続ける”を選択して
次に表示される画面で一番上の
“Windows7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成する”にチェックを入れ
インストールディスクを作成します
保存する時は名前はそのまま、イメージフォーマットはDVD/CDマスター、暗号化は無しで
デスクトップなどの見つけやすい場所に保存して下さい

2:拡張子の書き換え
作成されたインストールディスクの拡張子は”.cdr”になっていますので自分で”.iso”に書き換えます
書き換える時に警告画面が出ますがお構いなしに書き換えて下さい

3:後はそのisoファイルをUSBメモリに入れて、そのUSBのディスクイメージを使って
MacにWindowsをインストールするだけです

ではBoot Campアシスタントを起動してまた一番下の項目にチェクを入れ、
今度は外付けのUSBに入っているWindowsイメージディスクを使って
インストールして下さい
ちゃんとユーザー名、パスワードの入力、認証コードの入力が可能で
無事にインストール出来るはずです( ノ゚Д゚)ヨカッタネ

ネットで色々調べてみると複数の意見を見ることが出来ました
例えば左にインストールディスクイメージを入れたUSBメモリ、右側にサポートディスクイメージを
入れたUSBメモリを差すとかWindows7だとダメだけど8では問題なかったとか
逆に8でも同じくキーボード操作、Trackpad操作が出来ない症状の人もいましたが
僕と友人の経験上では結果的に
外付けDVDドライブにWindowsインストールディスクを入れて直接MacにWindowsを
インストールしようとした場合にキーボード操作が出来ない症状が起こるみたいです

要はBoot Campで先程の様にWindowsのインストールディスクイメージを作成して
USBメモリに移動し、そのUSBのインストールディスクイメージを使って
インストールを始めると問題なくMacにWindowsをインストール出来ます
後はドライバをインストールすれば完了です


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ