Apple Watchを急いで買わないで良かったと思うこと。

4月24日。とうとうApple Watchが販売。昨日は予約していた人の開封レビュー記事や動画を日本で一番見たのではないかと思うくらいひたすら見ていました

流石Appleですね。いい歳になった僕でも心を踊らせて「欲しい」と思わせてくれます

購入した皆さんの記事からも興奮が伝わり、更にApple Watchが欲しい気持ちが増幅。

予約開始日から今日まで時間があればポチってしまいそうなくらい悩んだApple Watchですが、今回はバッテリーの持ちや全く新しいガシェットと言うことでひとまず購入には至らず様子を見ることにしたわけですが、購入者さんのアップする画像群を見て急いで買わずに良かったかなと思ったことがあります

それは、Apple Watch(無印)とApple Watch Sportの高級感の差があまりにも大きい。

初めの方は写真の撮り方にもよるのかな?とスルーしていましたが、昨日一日でアップされたApple Watchの開封画像や動画を見れば見るほどそれは思い込みではなく確信へと代わりました

実はApple Watchの購入を悩んでいる時、お金のない僕は「躯体の中身が同じであるならばSportでも良いかな」と考えたこともしばしばあったのですが、アップされた画像を眺めている限りではあまりにも質感に差があり過ぎる気がする。

腕時計である以上、社会人としてはビジネスシーンでも使える物であってほしいし、男にとって腕時計は時間を見るだけのものではなくファッションと考える人もいればステータスと考える人もいます。

Apple Watchに興味がある上で、腕時計をステータスと考え普段からそれなりのお値段のアナログ時計を身につけているならまず乗り換えるべきかどうかで大きな決断が必要になります。

その辺や僕の使用環境を考えると焦ってSportを予約しなくて良かったかな、とビックウェーブに乗れなかった自分自身をなだめています。

バンドを付け替えればまた雰囲気は変わるのかも知れませんが、実際にApple Watch Sportを購入した後で何万円も出してバンドを購入するかと言えば買わない気がする。
いや、購入する人もいるかも知れませんが、これだけニュースなどでも取り上げられるApple Watchなだけに、日本中が躯体を見ればSportか無印かの差は一目瞭然なので、僕の性格ならきっと「Sportに高いバンドを付けてるの見られたら何て思われるのだろう?」と気にしてしまうと思う。

僕の使用環境(仕事中のスーツ姿などでも着用)を考えると、4万円程度で質感に大きな差が付くのであれば無印のクラシックバックル又はミラネーゼを購入するべきなのかなと感じました。

Apple Watch

発売直後ということで今のところ開封レビューしか見受けられませんが、今後Apple Watchのある生活でどのように変わったかなどの話も非常に気になる所。

特に普段からロードバイクに乗っているのでCyclemeterのApple Watch対応での使用感は試してみたい。

欲しくて仕方のないApple Watchではありますが、本当に自分にとって必要な物なのか。その資金でゴールデンウィークに家族サービスしてやるべきなのか。
色々な葛藤と闘いながら購入者さんのレビューを参考にして考えようと思う。

そして今日もオンラインストアで買いもしないApple Watchを眺めながら一日を過ごそうと思います


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ