MiniDVからDVDダビング。日本ジャンボーに頼んでみた

MiniDVからDVD ダビング

自宅に小さいころの子供の映像を撮りためたMiniDVを大量に保存している人ってかなり多いのではないでしょうか

また、そのMiniDVをDVDやパソコンに保存したいのに、再生機器が高価で中々買えなかったり業者さんに頼むにもかけがえの無い大事な映像を残したMiniDVを顔も知らない業者に送ることが不安でいつまでも映像を見ることもできないまま時間が経っている人も多く存在するのではないでしょうか

僕が今までそんな感じでズルズルと何年も再生機器すら無いまま何年もMiniDVテープだけが保存されている状態でした。

しかし規格がかなり昔に終了している今、時間が経てば経つほど再生機器の値段が上る可能性もあればダビングを手がける業者も減るかも知れません

かけがえの無い映像をMiniDVからDVDやパソコンなどに保存することがとことん困難になってしまう前に出費は覚悟で思い切る必要があります

僕はその思い切ったのが最近で、業者さんに頼んでMiniDVからDVDへダビングをしていただいたのでその辺の事を。

MiniDVの再生機器を買うなら業者に頼んでダビングしてもらったほうが良いと思う

今現在でMiniDVの再生機器を購入しようとすれば必ず中古品となり、値段はだいたい4万から5万程度はかかります
Amazonだとこの辺りでしょうか。

SONY DV/miniDV SVHSダブルデッキ SONY WV-D10000 クリーニングテープ付 (premium vintage)

SONY DV/VHSダブルビデオデッキ WV-DR7 ケーブル付  (デパート 高額品 /常温倉庫)

ヤフオクなどでもたまに見かけるので運が良ければ安く購入することも可能かも知れません。

しかし僕はどうせ何万円も出すなら再生機器を購入するよりダビング業者さんに頼んだ方が良いと思います

だって目的はMiniDVテープを再生すること自体じゃなくて、中の映像を見ることや、その映像を自分がいつでも閲覧、複製できるデータにしたいわけじゃないですか。

MiniDVの映像をパソコンに保存しようとすれば録画した時間と全く同じ時間を要します

90分テープの映像をパソコンに取り込もうと思えば再生しながら90分かかるわけですよ

家に大量のMiniDVがあればそれだけ保存に時間がかかります。

僕は昔、ビデオカメラが健在な時に数本のMiniDVをパソコンに取り込みましたが想像以上にキツいです。

更に保存したデータは超巨大aviファイル

取り込んだデータを扱いやすい拡張子にエンコードするのにまたとんでもない時間がかかります

また、購入する再生機器はどれもかなり古い中古なので取り込みがちゃんと完了するまで耐え切ってくれる保証もありません

何万円も出して幾つもの不安を抱えて労力を要するなら再生機器の購入を検討するよりダビング業者さんに頼んで初めからDVD化してもらう方が手っ取り早い。

僕は日本ジャンボーさんという業者さんに頼みました。

何十本もMiniDVを抱えていると、それなりの出費となりますので複数の業者で価格比較をするところですが、僕の場合大きな出費は「勢い」が全てだと思っているので比較などはあえてしませんでした

有名ドコロだと富士フイルムさんもMiniDVからDVDへダビングサービスを行っています。
あまり詳しくは調べていませんが、富士フイルムの場合はダビングを頼むテープの本数が多ければ多いほど料金がお得になるので大量の場合は安心感もあって良さそうです

MiniDV ダビング業者 比較

また、ダビングが終わって送られていくるDVDケースはインデックス付きでDVDとして閲覧することをメインに考えているならかなり良さそうですね

MiniDV DVDへダビングする方法

参照:MiniDVのDVDダビング 富士フイルム

今思えば僕がダビングしたい本数を考えれば富士フイルムに出しても良かったと思ったり・・

僕が依頼した業者は先程も書いたように日本ジャンボー。
ネットプリントやフォトブック作成、DVDダビングなどを手がけている会社です

参照:日本ジャンボー株式会社

日本ジャンボーの場合は発注するテープの本数では無くテープの時間によって料金が変わります
テープの本数が少ない人には良いかもしれませんね

日本ジャンボー 評判

また、万が一送ったMiniDVが破損していても修復しれくれたり、短いテープを繋いだりとオプション的な項目も幾つかあるのでMiniDVをDVDなどにダビングを検討している人はメーカーホームページを参照して下さい。

そんなワケで僕が依頼したMiniDVの映像がDVD化して帰ってきました。
何枚あるのか数えてもいません

日本ジャンボー MiniDV ダビングレビュー

DVD変換後はデータの扱いが楽

送られてきたDVDは当然家のDVDプレーヤーやMacのディスクドライブ(僕のMacBook Proは2012なので)でそのまま閲覧できますが、嬉しいのはデータの複製など取り扱いが楽な所ですね。

複製するのもDVDをMacのドライブに入れてVIDEO_TSフォルダをMac内の何処かにドラッグするだけ。
スピードも早く数分でDVD1枚分のデータがMac内に保存されます

VIDEO_TS 再生 Mac

これでDVDは大事に保管、複製したデータをそのままパソコンで見たりmp4など汎用性の高い拡張子にエンコードしてiTunesライブラリに入れることでパソコンが苦手な嫁さんでも安心していつでも映像を楽しめます
(直データを変に弄られるのが怖いので)。

この辺のVIDEO_TS再生や無料のエンコードについては別エントリでまた今度書こうと思っています。


何より嬉しいのはリビングで家族揃って昔の映像を見て楽しんでいる時ですね

子供が本当に小さい頃の仕草や口癖、行動などを皆で笑いながら見ていると本当に幸せを感じます

ここ最近ブログが更新できないのは大量のDVDをMacに保存するのとエンコード作業に時間を取られているため。
いくら早いと言っても大量すぎて時間がかかってしまいます。

まぁこのエントリで一体何が言いたかったのかと言いますと、大事な映像を記録したMiniDVをネット経由などで顔も名前も知らない業者に送ることに不安を感じる人が結構存在していると思うんですね

嫁さんがそうでしたし、僕もDVDを手にするまで(依頼してからダビングが完了するまで)は少し不安な部分もありました

ある日突然「このテープ再生できませんでしたよ」なんて言われた日には変に疑ってしまいそうですし。

そんな人は恐れること無く、なるべく早く、時間経過や環境による劣化で再生不能になってしまう前に行動に出たほうが幸せになれると言いたかったわけです


どうせ自宅にMiniDVテープだけ置いていても見ることさえできません

冒頭にも書きましたが時間が経てば経つほど取り扱う業者が減ったりして今よりも値上がりしたりダビングが困難な状況になるかも知れません

8ミリテープなどを見ていると取り扱う業者は残りそうですが料金に関しては時間が経てば経つほど上る可能性は十分あると思います。

今のうちに多少の無理はしてでもMiniDVをパソコンに取り込むべし!
必ず幸せな時間を過ごせます


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ