ScreenFlow使い方:動画にボカシを入れる方法

ScreenFlow5 Mac 使い方

MacやiPhone、FaceTimeカメラを使ったキャプチャなら編集からアップロードまでこなすお勧めのキャプチャアプリScreenFlowで動画中にボカシを入れる方法です。

ScreenFlowで画面全体にボカシを入れるだけの場合、ビデオフィルタでブラーなどを追加すれば可能ですが、

Screenflow 使い方 ボカシ

動画中にボカシを入れたい人ってそうではなくて任意の時間、任意の部分だけにボカシを入れたいんだと思います。

動画にボカシを入れる Mac

ScreenFlowを使えば悩むこと無く簡単に動画にボカシを入れることが可能。

タイムラインでボカシを入れたい時間にバーを合わせコールアウトアクションを追加します

動画にボカシ Mac

デフォルトでは不透明度が75%にされていて、画面が薄暗くなるので不要であれば0%に戻します

screenflow ボカシ

「ハイライト」でフリーハンドを選択して、ボカシの形状を円形か四角形を選択

動画にボカシを入れる Mac アプリ

ボカシを入れたい部分をドラッグした後、ぼかしのバーをスライドさせてぼかし具合を調整すればOK。
これだけで動画にボカシを入れることができます。

動画にボカシ Macアプリ

後はタイムライン上でCalloutの有効時間を必要な時間帯までドラッグで調整するだけです

動画 ボカシ アプリ

あとがき

プレイ動画や説明動画などを作成していると、思っている以上に動画にボカシを入れたい場面が出てきたりするもの。
ScreenFlowなら簡単操作で一般的に必要と思われる編集機能は兼ね備えいて、キャプチャから編集、アップロードまで1つのアプリでこなせるのが非常にお勧めです

ScreenFlow 5 App
カテゴリ: ビデオ
価格: ¥11,800


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ