Things for Macのクイック入力ができない(落ちる)人は

things クイック入力 落ちる

Macの人気タスク管理Things。値段が値段だけに今まで購入を躊躇っていましたが、iOS版を無料セールによりインストールしたことで、Thingsを最大限活用できるように結局Mac版も購入に至りました

複雑な階層が必要なタスクには向いていないThingsですが、逆に2段階程度の階層で済むタスク管理を行うなら非常にシンプルで使いやすく感じます

アプリ上では「受信」と表示されていますが要はInbox的な考えを取り込んでおり、何らかのプロジェクトとは別の単発タスクなど何でもかんでも受信に放り込み、時間がある時にプロジェクトに纏めたりと色々試行錯誤しながら自分が今消化しなければならないことを整理しています

Things Macのクイック入力設定ができない人は

さて、このエントリはThingsの使い方などとは無縁の話なのですが、Mac版Thingsの便利な機能の1つクイック入力

どんな画面からでも設定しておいたショートカットで即タスクを作成できる機能です

things クイック入力 設定

MacでThingsを活用するなら欠かせない便利機能だとは思いますが、ショートカットを設定しようにもほとんどのキーを入力した時点で落ちる人が多いようです

某掲示板でも話がされていますが、僕も最初その症状に悩んでいた所、たまたま設定した
ShiftSpace
でクイック入力の設定ができました

他にもtabキーも使えましたが、tabキーは変換などでも使用するのであまり宜しくありません。

クイック入力設定時のショートカットが設定できない人が皆同じキーで設定できるのかどうかも全く分からず書いていますが

ShiftSpace

で設定を行うことができました。

Thingsのクイック入力設定ができない人は一度試してみてください

Things App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥6,000

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ