WordPressブログのバックアップ方法【手動】

WordPress バックアップ方法 簡単

WordPressブログを運営している人!ちゃんとコマ目にバックアップを作成していますでしょうか?

WordPressはプラグインの不具合やサーバ側のエラーなどで突然真っ白に吹っ飛ぶこともあるそうです

僕は今のところ、そうした外部の要因でブログが吹っ飛んだことはありませんが、自分自身で分かりもせずにfunctions.phpを弄ったりして真っ白になったことが何度もあります

トップページから何から真っ白になった時はもうホントツラくて涙が出そうになります(嘘)

しかし今のところ焦って必至になった経験もありません
それはやはりバックアップを取ってあるから。

自分が弄る前にバックアップを取っておけば万が一ブログが表示されなくなっても弄る前のファイルを上書き保存で元通り。

先程も書きましたが、僕は今まで何度もphpの記述ミスでブログを真っ白にした経験がありますが、全て上書き保存で解決していますし、つい数日前も固定ページが真っ白になる不具合に遭遇して上書き保存で解決しました

過去記事:WordPressの固定ページが真っ白になってかなりハマったが意外と簡単に解決できた話

WordPress全体のバックアップはブログが表示されるされないに関係なく、他の要因でブログが吹っ飛んだ時でも元に戻すために使えるもの。

WordPressブログを運営している人で今のところ運良く不具合に遭遇したことが無い人はバックアップにあまり関心が無いかも知れませんが、ブログをカスタマイズなんて色気づいたことを考えだすと真っ白になるなんてザラにあります(僕だけ?)

何ヶ月、何年とかけて積み重ねてきたブログがちょっとしたことで全て吹っ飛ぶ前に月に1度はバックアップをとっておく癖を付けることをお勧めします。
(ちゃんとした人なら月イチなんて少なすぎると起こりそうですが。)

WordPressのバックアップの方法は色々ある

WordPressのバックアップと言っても自分で手動でローカルにバックアップしたり、プラグインなどを使う方法や、WordPressを自動でバックアップしてくれる有料サービスなども幾つかあります

僕が使っているレンタルサーバ「X Server」などでは自動でサーバ領域のデータなら過去7日分、MySQLデータベースなら過去14日分を自動でバックアップしてくれますので万が一の時も安心です(ある意味)
※しかし実際にバックアップを利用するにはサーバ領域10,800円、MySQLデータベースは5,400円の手数料が必要(高い)

プラグインを使う方法は気楽な気がしますが、僕は自分の手でやらないと管理できないタイプなので手動でバックアップを行っています。そんなワケでこのエントリは手動でWordPressをバックアップする方法のメモです

1.まずはWordPressサイト全体をバックアップ

本来はpublic_html以下で十分なようですが、僕が行っているWordPressのバックアップはドメイン単位で全てのフォルダをダウンロードしています。
X Serverだとサーバパネルの「バックアップ」の項目から必要なディレクトリの”ダウンロード”をワンクリックするだけの簡単仕様。ホント神レンタルサーバです
※Macの場合は.tarファイルとなり、Windowsならgz形式の様ですが、多くの解凍ソフトで使えます。

WordPress バックアップ方法

他のレンタルサーバの事は存じませんが、もしバックアップ機能がないのであればFTPクライアントで自分のサーバに接続して必要なファイルをドラッグ&ドロップなりで自分のパソコンにダウンロードすれば良いかと。

Macであれば無料のFTPクライアントと言えば有名なのはCyberduckですね。

僕も以前使っていましたがFTPとして不満な点は何もありませんでした

接続方法などの設定は過去に記事を書いているので宜しければ。

過去記事:Cyberduck設定 接続方法や使い方【XServer】

僕はForkLiftを購入してからはFTPはずっとForkLiftを使っています
FTP以外にもファイル管理、リネーム、アプリのアンインストールなどかなり役立つアプリですのでこちらも宜しければ。

過去記事:ForkLiftが噂通りの名アプリ。使いだせば効率がグンと上がりそうです

Windows環境なら無料で有名なFTPクライアントはFFFTPになりますかね?
僕が昔Movable Typeでブログ運営をしていた時はそんな感じでした。

ただ、FFFTPはMovable Typeをアップするだけでもファイルをアップし損ねたりすることが多々あったためあまり良い印象がありません

バックアップファイルはかなりの量になる可能性もありますので、全てをバックアップするのではなくwp-content内にある”themes、uploads、plugins程度にしておいた方が無難かも知れません(最近のFFFTPの事は全く知らないです)
要はFTPで必要なディレクトリを自分のパソコンにコピーしておけばバックアップは半分終わり。簡単でしょ!
これで万が一の時も焦る必要が無くなるわけですから絶対にやっておくべし!

2.MySQL(データベース)のバックアップ方法

上記でWordPressブログのテーマの状態や今までアップした画像などのバックアップは完了していますが、肝心の積み重ねた記事などのデータはまた別の部分にあり、FTPからではバックアップできない状態。
X Serverの方なら管理画面にあるphpmyAdminからバックアップできます

WordPress MySQLパスワード調べ方

もし自動インストールなどでMySQL IDやパスワードが分からない場合はサーバにアクセスして該当ドメインのWordPressインストールディレクトリにあるwp-config.phpを開けば分かります

注意点として、Windows環境の人はメモ帳で編集してはダメなようです。
MySQL IDとパスワードの確認だけなら編集の必要はありませんので、メモ帳しかエディタが無い場合は閲覧用としてローカルにコピーをしてコピーを開くようにした方が無難なのではないでしょうか。

参照:Codex:談話室
UTF-8のBOMなし (UTF-8N) で保存する必要があるとのこと。

 

さてMySQLのバックアップに話を戻しますが、僕がMySQLバックアップでやっていることが下の画像の通り。

WordPress データベースバックアップ

バックアップまでの行程が6つもあって、最初は戸惑うかもわかりませんが、やってることはかなり単純。

(①)データベースを選択して(②)エクスポートを選択。(③)SQLにチェックが入っているか確認して上部にある「全選択」をクリック、(④)「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加」にチェックを入れる、(⑤)「ファイルに保存する」にチェックを入れ、保存時に圧縮するかどうかを選択。zipで問題なし。

後は画面最下部にある「実行する」をクリックでダウンロード開始。パソコンに保存されます

データベースのバックアップはWordPress管理画面から簡単にできるらしい

今回、他の人はどのようにWordPressをバックアップしているのだろうと記事を書きながら少しググっていたのですが、Naifixさんにめちゃくちゃ簡単なデータベースのバックアップ方法が記載されていました
何と普段のWordPress管理画面から数秒で完了します

参照:Nafixさん
WordPress初心者でも簡単にできるバックアップ方法

ブラウザでWordPressにログイン。管理画面の”ツール”から「エクスポート」を選択

データベース バックアップ

表示された画面で「すべてのコンテンツ」にチェックを入れて保存するのみ!!!
これはホントに数秒でデータベースのバックアップが完了します
phpmyAdminとかよくわからんなんて人は絶対この方法がお勧め。

ワードプレス データベース保存

僕のバックアップファイルファイル管理方法

バックアップしたWordPressファイルやデータベースファイルの管理はパソコンでもクラウドでもお好きな場所にどうぞと言った感じですが、僕はDropboxに保存しています

理由はローカルに万が一のことがあっても無事なことや、iPhoneでもちょくちょくファイルを弄るため。
iPhoneからだとGoodReaderがあればファイル管理が非常に楽なんです
FTPサーバとも接続できますし。

仕事の合間にサーバからファイルをダウンロードして気分で記述、アップロードなんてことをちょくちょくやっているのですが、いくらiPhone6 Plusの画面が大きくなったと言ってもパソコンと比較してとても操作し辛い

例えスタイルシートといって油断していても片手操作で大雑把に削除などしていると、思いもしない部分が選択範囲に入っていて意図しない状態になったなんてこともザラにあります

そんな時はどの部分を修正するかを確認するより元のファイル(バックアップファイル)を上書き保存するのが1番手っ取り早いです

まぁ、iPhoneでファイルを弄る時は弄るファイルだけを先にコピーしていますけど、全体のバックアップがあればどんな状態でもiPhoneからでもどうとでもできると言うことで安心感が違います

Dropboxに「WordPressバックアップ」というフォルダを作成して、中にバックアップした日にち「2014/12/02」などのフォルダを作成、中にバックアップファイルを放り込んで、古くなったら捨てる!

これでバックアップファイルの管理も容易です。

そんなワケで個人的には利用しているクラウドストレージに保存する方が色んな場面に対応できるのではないでしょうかと。

あとがき

何と言いますか、かなりグダグダなエントリとはなりましたが、一言で纏めると
「バックアップは簡単なので必ずやっておく必要がある」と言うこと。

①FTPで必要なディレクトリをパソコンにドラッグ&ドロップ。
②管理画面から「ツール」でエクスポート

たったこれだけのことですからね。


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ