【レビュー】Jot Script Evernote EditionをiPhone6 Plusで使うためだけに買ってみたので使用感など

Jot Script Evernote Editionを購入しました

Jot Script Evernote Edition 対応アプリ

「何を今更」と言った話ではあります

Jot Script Evernote Edition自体は販売開始からかなりの年月が経っていますので
少し検索すれば過去に購入した人の記事を幾つも見る事ができます

かなり賛否両論が多い様に見えますが個人的に感じたことは、賛否両論の
“賛”の記事はいかにも広告的な企業サイトの記事に見受けられます

自分のお金で購入した個人ブログの多くは賛否両論の”否”の様に見えます

色んな人の記事を見ましたが、値段と期待の差が大きいことが原因かなと。

いや、Jot Scriptの性能自体が良い悪いとかでは無く、スタイラスペンに¥8000は誰もが
流石にかなりのお値段だと感じるのではないでしょうか

そりゃあ皆さん期待しまくって買いますよね

スタイラスペンに¥8000も出す人の期待に応えるには相当な使い心地が要求されると
思いますが、皆さんの記事を見る限りではEvernoteが推奨するアプリ「Penultimate」が
また結構使い難いとの話。

これがまた酷評を増やす要因にもなっているように伺えます。

いや、僕はiPadを所有しておらず、Penultimateを使うことさえできないので
実際の使い心地は知りませんけどね

そんな過去に購入した人の記事を見て僕は今まで購入を買い控えていたわけですが、
iPhone6 Plusに機種変更してからやたらとスタイラスペンを使いたい要望に駆られ
iPadを所有していないにも関わらずJot Script Evernote Editionを購入。

Jot Scriptは対応アプリを使ってこそ性能を引き出すことができるスタイラスペンですが、
購入前から本来の性能を使えない前提での購入。

iPhoneでスタイラスペンを検討するならお絵かきよりテキスト入力を前提で
考えている人の割合が多いと思います

しかしゴム質の太く丸いスタイラスペンは非常に使い難い(特に安物)

どうせならボールペンの様な感覚で書きたいと考えスタイラスペンを選んでいくと
どうしてもJot Scriptが気になります

しかしiPhoneでは性能を完全に使えないことや、お値段との兼ね合いから
購入に踏み切れない人もいると思うんですよね(僕がそうでしたので)

そんなわけで人柱となりました。もし同じようなことをお考えの人はご参考にでも。

一応お決まりの開封の儀っぽいやつ

僕のように以前からJot Script Evernote Editionに興味を持っている人なら
見飽きているでしょうが一応開封の儀っぽいやつを。

外観

お値段が高いだけあり質感は上々。
チープな物が多いスタイラスペンの中では飛び抜けているのではないでしょうか。

マッドな感じのグレーに滑り止めのグリップ、Evernoteアイコンも映えます
Jot Scriptのことを全く知らない人が見ても安物には見えません
(会社の同僚は¥8000と知ると流石にビックリしていましたが)

Jot Script Evernote Edition

グリップひとつにしても実際の使い心地も良い感じ

Jot Script Evernote Edition  iPhone 6 Plus

Evernoteのゾウさんアイコンや電池の蓋の部分となる緑のラインも良い感じでございますよ

Jot Script Evernote Edition 使いやすい

とまぁ、外観は既出の話でありきたりすぎなのでこの辺でやめておきます

個人的に伝えたいことは手帳と同じ程度のサイズであるiPhone6 Plusで
Jot Script Evernote Editionを使った時の使用感

Jot Scriptを使い出してまだ1週間程度ではありますが、使い心地や感じたことなどを
記載していこうと思います

Jot Script × iPhone6 Plusの使用感など

電池の減りは早いと思います

「えっ?まずそこかよ!」って話ですが、電池の減りがかなり早く感じます

僕はJot Scriptを購入以来少しでも早くスタイラスペンに慣れるために
iPhoneの全ての操作をJot Scriptで行っていますがかなり早く無くなる様に感じます

今のところ電池が一日持った試しがありません

購入時に付いているテスト用の単4電池、家にあるeneloop供に一日持ちません

慣らすために朝から晩まで使いっぱなしなので時間的には長時間使っていますが
電池の減りは少し早過ぎるかなと感じております

単4電池って元々容量が少ないのですかね?単4って今までテレビなどのリモコンしか
用途が無かったのでかなり「電池は持つ」という感覚があるのかも知れません。

Jot Scriptを「書く」専用に考えている人には問題なさそうですが
iPhoneの全ての動作を賄おうと考えるならeneloopの様な充電式電池は必須に感じます

外では何故か短時間で自動オフになる?

Jot Scriptは自動で電源をオフにする機能があるらしいですがよく分かっていません

と言うのも自宅での使用時は結構な時間使っていなくてもそのまま使用できるのですが
外出時は結構短時間で自動オフが働いて、いざ使おうとなった時に無反応だったりします

また電源ボタンを押せばすぐに使い出すことができるのですが、少し不便に
感じた部分でもあります

僕の使用歴がまだ短すぎてハッキリと分かっていない部分があるかも知れませんので
この辺はこの先気がつけば追記でもしようかと考えております

※追記
ブログに目を通して下さったアスティー様により、JotScriptの接続が頻繁に切れる事への
対処法をご連絡頂きました

【重要】Jot Scriptの電池の減り、接続が頻繁に切れる問題を解消する方法

iPhone6 Plusの操作は超快適になる

ここまでは敢えてマイナス面的なことばかりを書きましたが、僕は
JotScriptを購入して現在非常に大満足しております

iPhoneで普通のスタイラスペンとして使うことを前提に購入しているので
iPad所有者の人達より元々過度な期待をしていなかった分
素直に受け入れることができたのも要因ですが、Jot Scriptのお陰で
今までより快適にiPhone6 Plusを操作しています

iPhone6 Plusは画面の大きさから片手フリックはよっぽど手が大きくなければ無理。

両手フリックは使い難いんですよね。僕が慣れていないってのもありますが。

シルエット的にも必至に見えるので好きではありません

前に駅で僕と同年代の人(30代)が女子高生の様に高速で両手フリックしている
姿を見て少し「うわぁっ」って感じてしまったんです・・(m´・ω・`)m ゴメン…

僕の偏見なわけですが、若い人が高速両手フリックをしていても「おお〜すげー」って
感じで感心して見ることができるのですが、おじさん世代が高速両手フリックって
何故かシルエットに抵抗を感じてしまうわけです(早ければ早いほど)

スタイラスペンだと両手を使うことに変わりはありませんが、右手の手首の動きだけで
全てのキーを操作できますし、キーボード操作だけでなくホーム画面から他の画面への
スワイプ操作にアプリの起動、AssistiveTouchをオンにすることによりホームボタン操作も
全てJot Scriptで完結。これがまた慣れると気持ちいいんです
(これもあんまり早かったらキモいのかも知れませんね)

Jot Script Evernote Edition 使用感 

自宅や職場のデスク上、又はスタンドなどを利用して使う時なんて完全に片手。
めちゃくちゃ快適です

Mazec レビュー スタイラスペン

慣れれば書くのも快適です

せっかくボールペンに近い高価なスタイラスペンを購入したわけですから
操作するだけでは勿体無い。書いてナンボのスタイラスペンでしょう

しかしJot Scriptは対応アプリを使ってこそ能力が発揮できるスタイラスペン

対応アプリであればパームリジェクション機能なども働いて手首を気にせず
スラスラ書けるのでしょうが、僕はiPhoneでの使用が前提。

やはり最初は慣れるまで手首がディスプレイに触れて誤作動させたりすることもありました

Mazec 使いやすい 

手首をiPhoneの枠の部分に置いて使うのは暫く使うと慣れてきますし、
使用するアプリの機能も把握して使えばかなり書けます

例えばiPhone用の手書きアプリで有名なGoodNotes 4であれば
そのまま使うと手首の反応による誤作動を起こしやすいですが、拡大縮小機能を使って
ディスプレイの下部に書き込み部分を表示させると手首を気にせず書けます

iPhone Jot Script

GoodNotes 4 – メモ&PDF App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥600

Metamoji noteであればアプリ側にオートリストガード機能が付いていて、
利き手を選べば手首が当たりそうな位置は反応しなくなります

iPhone 手書きアプリ おすすめ

MetaMoJi Note Lite – 手書きノート&PDF注釈 App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

手首の問題だけで見るとMetaMojiが使いやすく感じますがどちらも一長一短といった感じ。

慣れの問題かも知れませんが拡大縮小、移動などの操作性はGoodNotesの方が良い感じ。

しかしどう頑張ってもやっぱり紙に書くより下手にはなるでしょうから
アプリだけでなくJot Script の反応の仕方なども使い込んでコツを掴む必要がありそうです
(僕は元々字が汚いので気になりませんが、達筆な人が上手く書けないとストレスになるかも?)

しかしそこはペン先1.9mmでお値段高価なJot Script
その辺の安いゴム質で太いペンとは比べ物にならないほど書きやすいのは言うまでもありません

Mazecとの組み合わせが超快適

iPhone mazec 便利

mazec – 手書き日本語入力ソフト App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: ¥900

Mazecは手書き入力キーボードアプリで出力はテキストデータとなるので
手書きをそのまま残したい人とは趣旨が異なってきますが、僕が今めちゃくちゃ楽しんで
いるのがMazecとJot Scriptの組み合わせ。

ビックリするくらい快適で、iPhoneを触ってこんなに楽しめるのは初めてだと思います

新しい使い方を覚えたって感じですかね

過去記事で書いているんですけど、もうめちゃくちゃ下手な字でも認識してくれて
予測変換との組み合わせでスラスラ文章が書けます

両手フリックの慣れていない僕にとっては現在フリック操作より早く文章を入力できます

過去記事:手書きキーボードMazecの文字認識精度が凄い

そろそろJot Script Evernote Editionの話なのかアプリの話なのか
分からなくなってきたので本題を纏めますが、要はiPhone6 Plusの両手操作が苦手な人にとって

スタイラスペンでの操作は捗る

Jot Scriptはその辺のスタイラスペンより余裕で書きやすい

と言うことです

他には皮脂によるディスプレイの油汚れ防止なんて付加価値も。

僕はかなり皮脂が多い方で、iPhoneを少し触るとディスプレイはベタベタ・・

電話なんてしようものなら顔の脂でディスプレイが凄く汚れます

今のところ電話はBose Bluetooth headset Series 2を利用していて
iPhone6 Plusのディスプレイに顔を付けていないので綺麗なままです

過去記事:Bose Bluetooth headset Series 2を購入、使用。 お勧めする理由やレビュー

まぁ、後はお値段と価値観との兼ね合いではないでしょうか

スタイラスペンで¥8000は誰が考えても高いと感じると思います

使い易さや見た目、質感を少し犠牲にするだけで出費は半額以下になりますから。

後は会社であまりチープな物を使えないキャラや立場の人の価値観ではないですかね

実際iPhoneでは現状Jot Scriptの性能を使い切ることはできないわけですから。

しかし何故iPhoneでJot Script対応アプリが出ないのでしょう?

需要が無いから作らないのか制約的に作ることができないのか・・

僕には開発者さんの事情は全く分かりませんが、できるのであれば作って欲しい所です。

記事作成時はAmazonは品切れ。

Evernote Marketならいつでも買えますよ


Jot Script Evernote Edition Fine Point Stylus ipad iphone 用 極細 ペン 並行輸入品

Amazon:adonit Jot Script Evernote Edition

Evernote Market


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ