一眼レフ本物の初心者はEvernoteを使うと捗るかも知れない

写真の撮り方、カメラの使い方がいつまでも覚えられずにオートばかりで
撮影していたり、単焦点レンズを買って絞り開放ばかりで撮影している
なんて人いませんか?

おま俺

基本的に撮影する機会が運動会や旅行など子供のイベントだけとかなり少ないのですが
それ以上に頭が硬すぎるのでしょうか
いつまでたってもカメラや写真のことが覚えられません

一眼レフ購入時は写真の撮影方法などについても色々調べましたが
次の撮影時には忘れている始末。

写真が上手く撮れないから初心者?
いえいえ、本物の初心者はカメラの使い方すらわかっていないのです

数年前に「脱初心者」とNikonユーザーならお決まりの単焦点レンズ
Nikon AF-S DX 35F1.8Gも購入しました。
明るいことやボケが嬉しくて写真の撮り方みたいな本を買って色々勉強しました

子供のイベント時以外でも「何かを撮影しに出かけてみようか」となるくらい嬉しかったです

と言うより撮影に行きました。”絞り、シャッタースピード、露出、ホワイトバランス、ISO感度”
などなど本で得た知識をココぞとばかりに使ってみようとして現場で起きる現象

「あれ?この設定ってどのボタンだったかな?」

そしてよくわからないままオート撮影やシーン撮影。

やろうと思えばスマホでその場でネット検索も可能ですが、基本Webページは
細かな説明も多く載っていて、撮影現場で今設定を変えようとしている時には
不向きなんですよね

 

普通に一眼レフを使いこなしている人からすれば「何言ってんのコイツ?」という話ですが
本当に覚えられないんです

いつまでもスマホの操作を覚えられずにらくらくホンに逃げる
オトンやオカンの気持ちがこの時痛いほどよく分かります

こんな一眼レフユーザーって意外と多くいると思うんですよね

だって僕の友人の一眼レフ持ちは皆同じ感じなんですよ

そして僕は写真の撮り方やカメラの使い方も覚えていないまま3本目のレンズ
Nikon マクロレンズ AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8Gを購入しました

気分は一眼レフ購入時の様に高揚しています

「今度こそはカメラの使い方や写真の撮り方を挫折せずにちゃんと覚えよう」

「今度こそは撮影現場で設定方法でまごつかないようにしよう」と

Evernoteを使い「これはイケる!」と感じました

アクセスしたい情報に素早くアクセスできるのは本当に捗りますよ

用意するもの

用意するものと言っても必要なのはEvernoteと一眼レフの説明書のPDFのみ

一眼レフの説明書はメーカーホームページに行けばPDF形式でダウンロードできますし
Evernoteは説明不要ですね

Evernoteを使ったことが無い人でもアイコンを見たことや名前を聴いたことはあるでしょう?
変な言い方をするとただのメモアプリです。無料です
深く考えずに何でもメモ、保存していけば本人だけの重要な情報が詰まった
ノートの集まりになり、ノートの整理がうまくできた時点で離れられないツールになります

多くの人が既に使っているでしょうけど一応紹介コードを貼っておきます

Evernoteアカウント作成

まずは自分に必要なことをEvernoteに纏める

僕は最初、Evernote内に「カメラ」というノートブックを作成しました
ノートブック名などは何でも良いわけですが、僕にとってはカメラについて
自分に必要な情報は全てこの中に入れるということで解りやすく「カメラ」にしました

一眼レフ 覚え方

次にしたことは「カメラ」ノートブック内に撮影現場で必要になりそうなことを
テキストのみで纏めたノートを作成。これは現場で必要な情報に素早くアクセスするため
(と言っても超基本的な事なので所要時間2,3分)
まぁ、学生さんが授業のノートを取るような感じで自分に必要なことだけで十分です

カメラ 覚え方

次にしたことは説明書のPDFから必要なページを抜き出し、単一ページを
Evernoteの「カメラ」ノートブック内に作成。
必要なページと言っても纏めた項目の設定を変更する為のページです
ノートを作成後、適当なタイトルを付けて抜き出したPDFをノートにドラッグすればOK
説明書は図入りの説明なので分かりやすい

Evernote ノートリンク

纏めたノートと単一ノートをリンクさせる

自分に必要な情報を纏め終わったらそれぞれのページを最初に纏めたノートにリンクさせます
抜き出した説明書のノートを選択後にメニューバーからリンクをコピーして
纏めたノートに貼り付けるの繰り返し

Evernote活用

Evernote ノートへのリンク

僕はこのノートを外で使うことを前提にしているので抜き出したページにも
纏めたページに戻るリンクを作成しましたが、実際便利です

Evernote 便利

こんな感じで自分に必要な情報を纏めたページから図入りの設定方法へ
ワンクリックで移動、またすぐに纏めたページに戻る環境の出来上がり。
書いていることは超初歩的な事ですが、肝心な事は「必要な情報に素早くアクセス」
できること。何気に現場では最重要項目でしょう

一眼レフ 使い方の覚え方

後は書籍やWebで得たうろ覚えの知識を元に撮影に繰り出すべし!
お使いのスマホにもEvernoteを入れておけば作成したノートはいつでも閲覧できます
一眼レフ初心者が撮影場所でどの設定でどのように撮れば良いか、また
その設定方法まであっという間にアクセスできます

DropShadow___テンプレート

Evernote App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

長々と書いていますが、Evernoteにノートの作成を始めてから数分で完了します
纏めたノートと説明書のページを分けたのはカメラのボタン位置や設定方法などは
一度覚えるとアクセスする必要もなくなるから。

自分なりの纏めと説明書のPDFを1つに纏めてしまうと長いノートが出来上がり、
撮影時に纏めの中から必要な情報を探すのが億劫になってしまいます
(以前説明書を丸ごとiPhoneに保存していましたが必要なページを開くのに相当難儀でした)

また、Web検索して本当に今自分が必要としている情報なのかどうかを
いちいち見る必要もありません
非常に素早く必要な情報が入るのでストレスを感じません
これが自分でノートに纏める利点ではないでしょうか

普通にカメラを使いこなしている人なら「お前本気で言ってんのか?」という話ですが
これはいつまでもカメラの使い方を覚えることができない人にしか分からない話

覚えてしまえば思った通りの写真が撮れることが一眼レフの良いところだと思います
(まだ覚えてないので適当なこと言ってますけど)

折角の一眼レフでオートばかりではやっぱり勿体ない!
一度覚えてしまえば子供の写真も今までよりもっと良い写真が撮れるはず!
一眼レフをオートばかりで使っている人!
Evernoteに一度纏めておけばもう撮影に関して悩むことはありません
現場ですぐさま確認、設定変更が可能です
撮影を繰り返していけばどれだけ物覚えが悪くてもいつか覚えるでしょう(多分)

オートばかりで撮影している一眼レフユーザーは今一度頑張ってみませんか


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ