【微妙?】iPhone アプリ:顔を認識すると写真を撮ってくれるセキュリティアプリSecurty-c

セキュリティアプリ

本日読売オンラインに載っていたニュース記事ですが、飲食店でカバンの財布から
現金を盗もうとした容疑者が、タブレットで撮影されている事に気付き、現金を戻して
タブレットを捨てるという記事がありました

参照元:盗みの現場録画に気づき、タブレット捨てたが…

1万円を取られたほうが被害額は少なかった気がしますが、セキュリティとしては
役立つことが立証された記事でした。

iPhoneの盗難に遭った被害者がiCloudで犯人の画像が送られてきたなんて話も
何回か聞いたことがあります。(当然被害者は写真をネットに晒していました)

そんな記事を見た矢先、顔認識機能を利用したセキュリティアプリSecurty-cが
無料セールをしていたので取り敢えずダウンロードして試してみました

最初に感想から言うと、微妙な感じもしますがその微妙さが良いのかも知れません

アプリを起動して設定を開くと、犬の鳴き声のオンオフ(これは正直かなり微妙)
カメラはフロント、背面どちらでも使えます

iPhone セキュリティアプリ

犬の鳴き声は置いといて(あまりに実用的では無さ過ぎる音なので)、フロント、背面カメラの
どちらを使うか決めた後は”Start”をタップで開始。後はカメラが顔を認識すると
写真を撮影してくれます。

盗難防止アプリ

どんな場面でこのアプリを使うかで色々感じ方が変わると思います

Storeで見る限りでは、作者さんは泥棒などの侵入時の為のセキュリティとしてを
想定していますが、記事冒頭の事件の様に撮影されたのがバレると
iPhoneやiPod Touchを捨てられる可能性が高いです

個人的には無音で動画撮影してくれるアプリなら、若い人が親に◯ロ本あさりを
されていないか確認できたりとか使い道がありそうと感じましたが。
(最近の若い人は家に◯ロ本なんて無いかもしれないですね)

でも冒頭のリンクの記事の様に、実際こうしたアプリで盗難を防止出来た事実もあります
(タブレットは捨てられたそうですが)

気になる人や、使い道が思い浮かぶ人は無料のうちにどうぞ

My Security Cam App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ