iPhoneアプリ:パソコンブラウザにドラッグ&ドロップでiPhoneやiPadにファイルを送信できる Air Transfer+使い方

 Air Transfer+使い方

Webブラウザ経由でiPhoneにファイルを送信出来るAir Transfer+が無料中でした
WiFi環境が必要な事からも個人的にはやっぱりDropboxがお勧めですが
Air Transfer+のいいところは送信した時点で自動でファイルを種類ごとに
分けてくれるところでしょうか
使用できるブラウザもSafari、Firefox、Chrome、IEとメインどころは抑えているので
誰にでも使えます

Air Transfer+使い方

iPhoneもコンピュータもWiFiに繋がっていれば後はAir Transfer+を起動すれば
画面に無線の名前とアドレスが表示されます

Air Transfer+ 使い方

この表示されているアドレス”http://◯◯◯◯”をブラウザのアドレスバーに入力
するとブラウザに下の画像の様な画面が開くので後は画面上にファイルを
ドラッグ&ドロップするだけです。

Air Transfer+ 使い方2

ファイルの送信の場合は左下にある”Drop Files Here”の部分にドラッグ。
送信されたファイルがブラウザ上に表示され、iPhoneのAir Transfer+に送信され
反映されていきます

Air Transfer+送信

Air Transfer+ 設定

Air Transfer+アプリ内で開けるファイルは画像、動画、音楽ファイル以外にも
.txtファイルやhtmlファイル、Microsoft officeファイル、pages,Numbers,Keynote
ファイルなど主要なファイルは殆ど開けます
流石に今回テストで送信した.psdは開けませんでしたがAir Transfer+から
別のアプリで開いて保存すれば使えるので送信には使えそうです

僕は類似したアプリを今まで数個使いましたが結局Dropboxを使うのですが
興味のある人は無料のうちに是非どうぞ

無線伝送 App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ