iPhone:様々なアプリにメモを送信できるQuick Drafts

iPhone メモアプリ おすすめ

Quick Draftsは人によってはiPhoneのトップ画面に設置するくらい便利なアプリになりそうです

起動すれば即メモを開始、作成したメモをEvernoteやDropboxなどのクラウドサービスやTwitter、Facebookなどのソーシャルサービス、メールやカレンダーなどへ送ることができます

Quick Drafts 使い方

メモアプリなので使い方などは悩むこともなく直感的に使用できます

Quick Draftsを起動して+ボタンで即メモを作成、他のサービスに送信するには右上の矢印アイコンをタップで送信できるサービスが表示されます。
利用頻度の高いサービスが多く便利と感じる人は多いのではないでしょうか。
Quick Draftsのフォントサイズなどのセッティングもこの画面にあります

Quick Drafts 使い方

クラウドサービスやソーシャルなどとの連携はお約束の画面からアクセス認証すればOK。
Dropboxの認証を済ませるとDropbox内にQuick Draftsフォルダが作成されます

iPhone 便利アプリ

Quick Draftsでメモを送信してみる

Evernoteへ送信
Evernoteへ送信時、1行目がノートタイトルになります
他のクライアントアプリと似た仕様ですがノート本文にも1行目が反映されますね。
送られるノートブックはEvernote側で設定しているデフォルトのノートブックです

iPhone メモアプリ

Dropboxへ送信

Dropboxへ送信した時は認証時に作成されたQuick Draftsフォルダの中にテキストファイルが送信されます

カレンダーはタイトル

カレンダーへ送信時はメモが予定のタイトルに。
時間指定できればもっと便利だと思いますが、とにかく軽いアプリなのでサッと予定を書き込みできます

Make noteはチェックリスト作成

Make noteモードでメモを書くとチェックリスト作成できます
iPhoneのリマインダーと連携できれば嬉しかったのですがQuick Draftsの独立したチェックリストになります
Quick Draftsをデフォルトのメモ帳として使う人には軽くて使いやすいはず

ソーシャルサービスは試していない

TwitterやFacebookへメモを送ることもできるようですが、万が一の誤送信を考えて僕は試していません

プライベートなメモを間違えて送信してしまうとシャレにならないですからね。

Copy

そのまんまですが、メモの内容をワンタップでクリップボードに保存できます。
使い方は人それぞれですが、モブロガーさんがTextExpanderへ登録していないような、たま〜に使うhtmlタグなどをメモしておくと使い勝手が良さそう

Show Linksでリンクが有効になります

デフォルトではURLなどをコピペしてもリンクとして扱われませんが、Show Linksをタップするとリンクとしてアクセスできる様になります

Open inから他のアプリで開くことも可能

メモの送信を選ぶときにOpen inを選択するとお約束の画面からextensionに追加しているアプリなどへも送信できます

goodreaderでテキストファイルを作るならQuick Draftsで作成して送ると軽くて楽に感じました

あまり細かく書くとかなり長いエントリになってしまうのでこの辺で止めときますが、要はテキストファイルのハブとして様々な用途に使えるアプリです

僕もダウンロードしたてで使い込んでいるわけではありませんが、とても便利そうです
記事を書いている今現在無料セールを行っていますのでヘビロテアプリとなるかお試しになってみては。

Quick Drafts – Notes, Errands and Shopping List
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料

この記事は「するぷろ for iOS 」で書いています


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ