iPhone:Webも画像もOfficeファイルも。何でもPDFにしてクラウドに保存できるPDF Smart Convert

PDF Smart Convert 使い方

アプリの名称そのまんまですね
PDF Smart ConvertはWebページも画像もOfficeファイルでもあらゆるファイルをスマートにPDFへと変換してくれます

更にDropboxやGoogle drive、Evernoteなどの主要クラウドとの連携もできて仕事でもプライベートでも使い勝手が良さそう

普段は¥700もするそうですが、記事掲載時は無料セールをしていたので取り敢えずダウンロードして使ってみました

マニュアルが最初に同梱されてます

アプリをダウンロードして起動すると英語ではありますがPDFマニュアルが入っていますので悩むことはなさそうです

extensionをオンにすると、カメラロールやSafariなどで他のアプリに渡すボタンにPDF Smart Convertが追加されます
これでこの先Webページでも何でもこのボタンからPDF Smart ConvertにPDFとして保存できます

試しにSafariからWebページを保存してみたところ、アプリ内のextensionフォルダに保存されています

アプリ概要によると、OfficeファイルなどもPDF変換に可能とのこと。
(僕はiPhoneでOfficeファイルを扱わないので試していません)

クラウドサービスとの連携認証や解除

PDF Smart Convertに保存したPDFはDropboxやGoogle drive、Evernoteなどの主要クラウドサービスなどに送信可能
他にもWebDAVやFTPなども。

PDF Smart Convertと各種サービスを連携させるにはメイン画面左上のメニューボタンからクラウド(雲)アイコンをタップで。認証が済むとメニュー画面上にアカウント名と一緒に表示されます

削除するには左へスワイプしてDalete

無線でPCとのファイルの送受信

同じ無線環境下であれば、ブラウザ経由でPCとファイルやり取りが可能とのこと
GoodReaderでもお馴染みですね。

出先なので試していませんが、メニューからWifiをオンにして、窓に表示されるIPをPCブラウザのアドレスバーへ入力でOKかと。

連携クラウドサービスからファイルをインポート

連携認証済みのクラウドからPDF Smart Convertにファイルをインポートするには、メニューで連携認証済みのクラウドサービスからファイルを選択するとダウンロードできます。
ダウンロードしたファイルはアプリ内のダウンロードフォルダに入ります

クリップボードのテキストも自動で保存

アプリのフォルダにClipboard Libraryなんてモノがあったので覗いてみると、コピーしたクリップボードのテキストが自動で保存されてました

テキストファイルを開くとコピーしたテキストがそのまま残っています

クリップボード拡張としても使えそうですね

クリップボードの自動保存されたテキストはそのままだと.text(テキストファイル)。
テキストファイルのままDropboxなどにアップもできますし、ファイルを開いて右上のボタンからPDFとして保存したり

他にもairプリントなど出先からは使いきれない機能が色々あるようです

幅広い層に需要のありそうなアプリなので、一度試してみてはどうでしょうか

PDF Smart Convert – PDF all your MS Office, iWork, Web Content, Clipboard and Images
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
価格: 無料

この記事は「するぷろ for iOS 」で書いています


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ