iPhoneをサブディスプレイにしたいならiDisplayが1番安上がりで性能も良いです

iPhoneをサブディスプレイにするアプリ おすすめ

iPhoneをサブディスプレイとして使えるアプリって幾つかありますね
評判の良いアプリもあれば芳しくないアプリも色々。

良し悪しは別としてiPhone、iPadをサブディスプレイ化して使うアプリで有名ドコロは

icon-hand-o-right Air Display ¥1000
icon-hand-o-right iDisplay ¥100〜¥500
の2択って感じですね
他にも類似アプリはあるようですがこの2つのアプリは高評価

こうしたアプリの短所?と言えばほとんどがiPhone、iPadでも使えるユニバーサルアプリで
¥500前後から¥1000前後の微妙な値段設定だったり、同一LANで動作する仕組みで
多少のタイムラグがあるという話ってこと

僕はiPadは持っていないし購入の予定も無いのでユニバーサルアプリである必要がありません
iDisplayはiPadでも使えるユニバーサルアプリは¥500ですが、僕の様にiPadは
持っていない、必要無いって人のためにiPhone、iPodTouch専用のiDisplay mini(¥100)
が販売されています。これは嬉しいですね
缶コーヒーを買う気分で遊び感覚で購入しました
MacでもWindowsでも使えるってのも良いですね

iPhone、ipot Touch専用
iDisplay Mini App

カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥100

ユニバーサルアプリ
iDisplay App

カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥500

決まりですが、まずはMacとiPhoneどちらにもアプリをインストールする必要があるので
iDisplay公式サイトからダウンロード

iDisplay設定

Macの場合はダウンロードしたdmgファイルを展開して、中のpkgファイルを
ダブルクリックして後は「続ける」などをクリックしていけばインストール完了で準備OK

iDisplayインストール

コンピュータ側とiOSデバイスどちらにもiDisplayをインストールすれば
これと言って設定する事はありません。同一LANに接続されていれば
iPhoneのiDisplayを起動すれば自動でMacを認識するので
タップすればMacのサブディスプレイとして使えます

iDisplay 設定

さて、問題の使用感ですが、こうしたアプリにありがちなタイムラグ
¥100とはいえお金を出して購入したわけですから使用できるレベルであって欲しいと
恐る恐る使いだしてみましたが、感想としては

「タイムラグなんて無いじゃん」

「これ100円で良いの?」

って感じ。WiFi経由でもタイムラグなんて感じないくらいスムーズです
これは高評価なのも分かります
まだ少ししか触っていませんが、直感操作で完了するMacアプリなどなら
MissionControlで仮想デスクトップに配置して使うより捗ります
iDisplay使い方

Mac×iOSデバイスユーザーなら¥100の価値は間違いなくありますね。

一応テストでサブディスプレイ化したiPhone側でYouTube動画も再生してみましたが、
音声、動画供に遅延も無くスムーズに流れていました
(YouTubeなどならiPhone単体で使えよって話ですが)

サブディスプレイとして使用
するという目的は簡単に終わり、タイムラグなど
全く気にならないレベルだと言うこともわかりました

他にiDisplayを選んでよかったと感じた点は、¥100ながら操作することも出来ます

クリック、ドラッグ、スクロール、テキスト入力にピンチイン・ピンチアウトによる
拡大縮小などなど最低限の操作が出来るので画面の小ささを補えます

iDisplay使い方

いやホント凄いです。便利です。これがたった¥100と言うのも驚きです
始めてiPhoneをサブディスプレイにするアプリにiDisplayを選んで良かったです

¥100で済んだし実際買う前はタイムラグで使い物にならなかったら嫌だなとも
思っていました

同じくiPhoneをサブディスプレイにしようと考えている人はiDisplayで
¥100の出費で済みますよ

iPhone、ipot Touch専用
iDisplay Mini App

カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥100

ユニバーサルアプリ
iDisplay App

カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥500

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ