iPhone:Evernoteがスキャナアプリ「Evernote Scannable」をリリース。使ってみた

Evernote スキャナアプリ

Evernoteからスキャンアプリがリリースされました!

Evernote Scannable
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: 無料

レシートや領収書など、紙の書類を撮影し、自動で必要な部分を切り抜きPDFにしてクラウドサービスへ送信するスキャナアプリは以前から沢山リリースされています

僕も色々なスキャナアプリを試しましたがEvernoteがリリースしたと言うことで取り敢えず使ってみました

Evernote Scannableの概要を読む限りでは自動で画像の回転や切り取りなどの調整を行ってくれるようで、linkedlnやScan snap Evernote edithonとの連携機能もあるようですが、僕はどちらも利用していないので試すことはできていません

スキャンアプリ おすすめ

下準備としてまずはEvernoteにサインインを設定アイコンから。

スキャンアプリ Evernote

早速手元にある書類で試してみようと思いましたがブログに晒せる書類がない!

そんなワケで書類の画像はありませんが、Evernote Scannablを起動すると、自動で即書類を探し始めてくれます

手動で撮影する為のボタンもありますが、EvernoteScannableは基本的には認識すると自動で撮影してくれます。

この機能を良しとするかどうかは撮影する書類の認識度に関わってくるのではないでしょうか。
明暗差の大きい背景にすることを推奨しています

Evernote Scannable使い方

自動で書類を撮影してくれた後は切り取りなどの作業が必要かどうか。

ある程度自動で切り取りなどを行ってくれるようですが、試した時は上手く書類のみを認識してくれたのでそのままEvernoteに送るだけで済みました

もし書類周辺の環境で余計な部分まで認識た場合も撮影後の画像右下にある「・・・」から切り取りや回転などの編集ができ、Evernoteに送る際のノートタイトルの記述も可能。
個人的にはこの機能は嬉しい感じ。

Evernote Scannable

Evernoteへ送らなくてもメールに添え付けしたりカメラロールに保存やその他から他のアプリへ保存したりとその辺はお馴染みの操作ですね。

流石にEvernoteに送信するのも楽チンです

Evernote Scannable スキャン

OCR機能などの機能は無いみたいですがEvernoteなら画像内のテキストも検索できるので個人的には問題なし

EvernoteScannableを使ってみて

他社製スキャンアプリは色々なクラウドサービスに対応しているので場面に応じた使い分けができますが、その分目的のサービスへ送るまでの行程が多いのに比べ、EvernoteScannableはEvernoteがリリースしているだけあって、他のスキャナアプリと比べてEvernoteへの送信はスムーズ。

何でもかんでもEvernoteの人ならスキャナアプリはEvernoteScannableに絞ることで他のスキャンアプリより手軽にEvernoteへ保存ができるようになりますね。

やはりアプリと言うことで実際のスキャナほどの快適さを感じることはできませんが、出先などで不意に必要な場面で利用させて頂くことに。機能もシンプルで使いやすいスキャンアプリだと思います

Evernote Scannable
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: 無料

この記事は「するぷろ for iOS 」で書いてます


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ