Mac /iPhone App:CloudClip使い方

Macアプリ:CloudClip使い方

CloudclipはMac、iPhoneのクリップボードのテキストやURLなどをリスト化して
表示してくれるMacとiPhone、iPadの連携アプリなんですが、
EvernoteやDropbox、Pocketのようなアプリやを使う事でMacとiPhone間の
ファイルやテキスト、Webページのやり取りはほとんど解決するのでこのCloudclipが
どれだけ便利に感じるかは人にもよると思いますが、リリースから約1年経った今でも
僕はずっと使い続けていて便利だと感じています

保存するほどでもないその場限りのURLやテキスト、電話番号などをMacとiPhone間で
やり取りすることが多い人には絶対役立つアプリですので是非試して下さい
準備はMacとiPhoneとどちらにもCloudcripをインストールして
MacとiPhoneの”設定”でiCloudの”書類とデータ”をオンにするだけです

MacとiPhone連携アプリ

MacとiPhone連携アプリCloudClip

後はiPhoneやiPad、MacでURLやテキストをコピーさえすれば
CloudClipをインストールしている他のデバイスにiCloud経由で同期されます

試しにMacで適当なURLをコピー

MacとiPhone連携アプリ2

iPhoneのCloudClipを起動するとMacでコピーしたURLが表示されていて、
当然ですがURLをタップでURLを開く事が出来ます
モチロン逆にiPhoneでコピーしたURLやテキストもMacに同期されます

CludeClip使い方

長めのテキストデータなどをいちいちEvernoteなどに貼り付けてもう片方で
アプリを開いてまた選択するよりよっぽど楽ですし
Macのブラウザで電話番号をコピーしてiPhone側のCloudClipで選択して
即電話なんて事も可能。
使い方は人それぞれですが、iPad、iPhone間でも利用出来て
無料でアカウント作成とかの面倒な作業も不要ってところがオススメです
使ってみれば便利さがわかりますよ

Mac
CloudClip Manager App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

iOS
CloudClip App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ