iPhone App:iPhoneでも一眼レフのようなボケ味ある写真を作成出来るTadaa SLAが良い感じだった

iPhoneでボケ味のある写真を撮影

最初に言っておくこととしては、僕の写真では全く参考にならないってことですが、
触ってみた感想としては、使う人が使えば一眼レフの様なボケ味、味のある写真を
iPhoneだけで作成出来ます

その辺はセンスの問題もあるので興味があればお試しあれとしか言えませんが、
兎にも角にも使い方を

アプリを起動してその場で撮影も出来ますが、当然カメラロールからの読み込みも出来ます
まずは撮影した写真を読み込ませピントを合わせたままにしたい部分をマスクしていきます

写真はピンチイン・ピンチアウト、2本指やMoveタブを選択で移動が可能。
マスクタブが選択されていることを確認したら大雑把になぞっていきます
detect edges(エッジ検出)はオンにしておいた方が良いです
強調したい対象物を大雑把にマスクしたら右上の”Next”を

Tadaa SLA 使い方

画面下部ではApertureでバーをスライドするとボケ味を調整
マスクが適当過ぎると感じたら左上の”Mask”から戻って消しゴムツールでマスクを調整

iPhoneでボケ味のある写真

ボケ味の調整がだいたい終わったら画面の下の方を左へスワイプしてハイライトやグロスの
調整。この写真では効果があまり分かりませんでした

iPhoneでボケ味のある写真を作成

もう一回画面の下の方を左へスワイプすると、ボケ味の出し方や効果を調整
BlurでAllを選択するとマスクしている場所以外はすべてボケてしまいますので
あまり一眼っぽくはならないかと。
Circularは円形、linearは線で後は下のRangeで効果を調整

iPhoneでボケ写真

iPhoneで一眼の様な写真

ある程度完了して画面右上の”Apply”をタップすると、フィルターや画質補正や
不要な部分をカットするCropなど。完了すれば右上のSaveをタップで
カメラロールに保存されます

iPhone ボケ味のある写真

保存後はFacebookやTwitter、Tadaaと言う写真共有サービスにアップする画面が
表示されます。不要ならアプリを終了で。

iPhone 一眼加工

Tadaaアカウントがあればサインイン出来るようですが、アカウントは作っていないので
僕は試していません。Tadaaアカウントが無くても”Explore”で
誰かがアップロードしている写真は見れるようです
クオリティめちゃくちゃ高いです

今回ブログに載せるようとしてダンボーで写真を撮りましたが、iPhoneの中って
子供の写真が沢山あるんですよ。一眼レフを所有することはしていますが、
運動会や家族旅行などの家を出る時点で写真を撮る機会がある場合以外って
普段は持ち歩かない分、たまに撮影機会があればiPhoneで撮影するので
このアプリがあれば、iPhoneで撮影した写真を年賀状や暑中見舞いなんかで
使いたい時に子供を強調した写真が作れていい感じだと思います

iPhoneで撮影した写真を一眼レフで撮影した写真の様にボケ味ある写真に仕上げて
何かに使いたいと感じたことがある人にはお勧めですよ

Tadaa SLR App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥200

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ