最近iPhone5の充電が残っているのに電源が落ちる症状に悩んでいたら

iPhone 電池を長持ちさせる

結構前からですが、僕のiPhone5の充電が30%位残っているのに突然電源が落ち、
充電しないと使えなくなり、充電を始めるといきなり40%と表示されたりします

幸い僕は職場でも車でも充電がすぐに出来る環境なので、そこまで心配は
していませんでしたが、まだ2年契約が終わるまでの期間、こんな状態はツラいなと
思っていたら、某2chで同じ症状に悩んでいる人達のスレがありました

そこに書かれているコメントも、同じくiPhoneのバッテリーが残っているのに
いきなり電源が落ち、充電を始めると数十%と表示される
と言う人達が結構いました

OSのバグと言う人もいれば、寒いからと言う人もいたり、当然バッテリーの問題と言う人も。

中には「バッテリーを交換したけどその症状に見舞われている」と言う意見もあるので
きっとOSの問題だと感じます。

去年の冬はこんな症状は出なかったので、寒さのせいでも無い気がします

5sや5cではこの症状の報告が無いみたいなので、古い機種に最新のOSが合っていないと
考えるのが1番無難なのかな?

僕がこの症状が起きやすいと感じたのが、あるアプリの自動ツイート設定。

趣味のロードバイクのログ取りをCycleMeterというアプリで取っています
CycleMeterには自動ツイート機能があって、練習の終了後に走った距離や時間などを
自動でツイートしてくれる機能があります

その自動ツイート機能でツイートした時に電池が数十パーセント残っていても電源が落ちます
毎回でもありませんが、かなりの高確率で落ちます

某2chでは電池残量の表示のズレが問題との指摘もあり、一度完全に放電してから
100%まで充電して、その後も2,3時間トリクル充電することで
ズレがリセットされるとの話もありました

表示のズレなら納得かな?とも思いましたが、僕のiPhoneのバッテリーが残っているのに
電源が落ちる症状が出た時は、朝家を出る前に満タンに充電して、
軽く30分程度自転車に乗って自動ツイートしただけで起きました

いくらバッテリーがヘタってきていると言っても普段使っていて満タンから
30分程度で充電が無くなるなんてことはまず無いので
表示のズレも少し違うのでは?と個人的には感じています

今日は朝からAppleがアップデートで「強制再起動バグ」を修正すると発表した事が
取り上げられていますが、こんな問題あったんですね

僕はそんな症状に見舞われたことが無いので取り敢えずバッテリーが残っているのに
電源が切れる
問題について「改善する」と発表してほしいものです

この症状、仕事でもなんでも出先で充電できない人にとってはかなり痛いです

OSのバグで、アップデートで改善されてくれる事を祈るばかりです

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ