iOS9の便利な新機能:スリープに物理ボタンが不要なのが超絶便利

新しいOS、iOS9は大型アップデートで軽さ、バッテリー駆動時間などの他にも多くの新機能が搭載されたわけで、世間様はバッテリー駆動時間が伸びたことやSafariのブロック機能などが目玉と感じているように思えます。
しかし僕が個人的に大ヒットな新機能が仮想ホームホームボタンのカスタマイズによる「画面をロック」

今までiPhoneをスリープさせるには「設定」から自動ロックまでの時間を設定しておくか、物理ボタンを押すしか方法が無かったわけですが、iOS9の新機能を使うことで物理キー無しでiPhoneをスリープできます

物理キーなしでiPhoneをスリープさせる

昔からのiPhoneユーザーであればホームボタン酷使を防止するためにAssistiveTouch(仮想ホームボタン)を利用している人も多いかと思います

「設定」アプリの「一般」から「アクセシビリティ」
iOS9 新機能 便利

「AssistiveTouch」から「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」を選択
iOS9 便利機能 新機能

この画面では仮想ホームボタンを押した後に何を表示するか選択できるのですが、ここで表示されているボタンのどれかを「画面のロック」に変更又は”+”から「画面をロック」ボタンを追加

iOS9 スリープ 仮想ボタン

これでこの先仮想ホームボタンを押すと「画面をロック」ボタンでスリープさせることができます

あとがき
物理ホームボタンを使うことを思えばワンテンポ挙動が増えますが、ホームボタンを酷使すると2年縛り前に使えなくなる事例も多いですし、慣れてしまえば仮想ホームボタンでiPhoneを快適に使用、何年経っても物理ボタンは調子の良いまま使えます


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ