iPhone:AirDrop使い方

コントロールセンター設定

iOS7から付属したAirDropは使う人にはめちゃくちゃ便利な機能!
無線経由ではありますが、近くにいるiPhoneユーザーに写真でも動画でも一気に送れます。
もう容量が大きくてメールに添え付け出来ないなんて悩むことは無いですよ

AirDropの使い方

AirDropを使う条件はファイルを送信する側も受け取る側もiOS7であること、
お互いがWiFi環境、またはBluetoothをオンにしていることです

iPhoneの画面最下部から上へ指をスライドさせて
コントロールセンターを表示させてAirDropをタップして
連絡先のみを選択。この設定も送信側、受信側も供にしておく必要があります

AirDrop共有設定

これで準備は完了。送信したいファイルが画像なら「写真」からカメラロールを表示、
送りたい画像を選択。左下のボタンをタップして、AirDropで送信可能な相手がいれば
自動で表示されるので、問題なければタップで送信開始。
受信側がスリープだと表示されませんので送る時は受信側はスリープを解除するように。

AirDrop表示されない時は

AirDropでファイルが送信された受信側は下の画像のようになりますので「受け入れる」をタップでiPhoneにファイルが保存されます

AirDrop使い方

僕の生活環境ではそんなに頻繁に使う機能でもないんですが、この前嫁さんのiPhone内にある
写真を使って年賀状を作ってと頼まれた時に使ってみたんですがホント楽ですね
この後そのままDropboxに写真を上げてMacで年賀状作成しました
ファイルの送受信は楽でも嫁さんが細かい所にこだわって
年賀状作成が大変だったのは言うまでもありません

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ