これは面白い! MacのiSightカメラに向かってジェスチャーでiTunesやYouTubeを操作出来るFlutter

Flutter使い方

便利かどうかと言われれば人によるかもしれません。でも凄く面白いです
Flutterを起動してiSightカメラに向かってジェスチャーすると再生や停止、
曲送りや曲を戻したりを制御できます
iTunesだけじゃなくてYouTube(Chromeのみ)やQuickTime、Keynote、VLCプレーヤー
などMacユーザーなら使ってそうなアプリにも対応しているようです

※概要ではMacBook Air 2013や最新のKeynoteやPowerpointでは作動しない場合が
あると書いています。一応OS Maverickも書いてますが僕がMaverickでちゃんと作動してます

Mac Flutter使い方

iTunesをFultterで操作するなら設定などは必要なく、アプリを起動すれば
メニューにアイコンが表示されてiSightカメラが起動します

FultterでiTunesを操作

後はiTunesを起動してiSightカメラに向かってジェスチャーするだけです
手をパーにして指を閉じた状態をiSightカメラに向けると再生や停止

Fultterジェスチャー

うまく操作できないって人は手をカメラから少し離してみて下さい
近すぎると反応しませんでした

曲を飛ばしたり戻したりするのは親指を立てた状態で右か左に向けるだけ
ここでの注意点は手を動かさないことですかね
下の画像の状態でカメラに向けるだけで動かさないってのがスムーズに反応します

Futter 曲送り

説明を見る限りではジェスチャーで出来る制御はこの3点なのかな?
僕も今インストールして使いながら書いているので
また色んなことが出来れば追記したいと思います

YouTubeの再生や停止などをジェスチャーで制御することも出来るようですが、
Google Chromeしかアドオンが対応していないようです
僕はFirefoxをメインに使っているので残念でしたがChromeも入れてはいるので
試してみましたが、当然再生や停止がジェスチャーで出来ました。
Flutterで操作すると画面に操作効果のアイコンが表示されるんですが
Flutterで停止、再生されたのがお解りになると思います

Fultter YouTube操作

Flutter でYouTube

Flutterを初めて起動した時に色んなチュートリアルが表示されますが
その中の1つに下の画像がありました

Futter 使い方2

メニューバーの”select Preferred app”で優先アプリを選択するようですが
基本的には初期のAuto Selectで問題無いと思います
MissionControlなどで違うデスクトップで対応アプリなどを操作する時に
Auto Selectだとアクティブ画面の操作になりますが、優先アプリを選択すると
別のデスクトップでジェスチャーしても優先アプリの操作になるんだと思います
(試してませんが多分そうだろうと思います)

使うかどうかわからないかもって人でも一度試してみてください
面白いですよ
¥480が無料セールしていましたので

Flutter App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ