Mac:画面上でクリックするだけで色を16進数で表示してくれるColourize Webサイトの作成などに使えそうです

Colourize使い方

Macの画面上に表示されている場所をどこでもクリックするだけで
クリックした場所のカラーを16進数やUIColorコードで表示してくれます
WebサイトやiPhoneアプリを作成するときに役立ちそうなアプリです

Colourizeを起動すると表示される画面ですが下部に使い方が表示されていますが

Colourize使い方

スポイドアイコンをクリックして”Pick from screen”を選択すれば
カーソルがスポイドアイコンに変わるので後は抽出したい色の場所でクリック

Colourize Mac使い方

するとColourizeの画面にクリックした部分の色がUIColorコードと
16進数で表示されているので後は横のノートアイコンをクリックすれば
クリップボードにコードが保存されるので必要な場所でペーストするだけです

Colourize 使い方

スポイドアイコンをクリックした後”Pick from Colour Palette”を選択すると
Macユーザーならお馴染みのカラーパレットからコードを表示してくれます

Mac Colourizeの使い方

Mac Colourizeの使い方2

UIColoreとかiPhoneアプリなどを作らない人には不要なコードですけど
カラーコードはブログや素材の配色なんかでどこかセンスのいいサイトを参考にする時に
結構使う機会がある人も多いかも知れません
僕はそーゆーの全くノーセンスなので使う機会は無いかも知れませんが無料セールだったので
取り敢えずインストールして使ってみました
「これは使える!」って人も「ひょっとしたら使うかも」って人も無料セール中にどうぞ

Colourize App
カテゴリ: 開発ツール
価格: 無料

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ