Mac:スクリーンショット撮影、ぼかしや注釈を一気にできるScreenshoter

Mac 拡大鏡アプリ

ScreenshoterはMacでスクリーンショットの撮影から撮影した画像に
テキストやライン、枠やボカシなどSkitchで行っていた注釈などを1つで賄える
アプリ。

Skitchが身体に染みこんでしまっているので最初は勝手の違いに少し
戸惑いますが慣れると作業効率アップになるかも?

Screenshoter 使い方

Screenshoterは使い方も非常に簡単でアプリを起動すれば後は
メニューバーに常駐するので初めに設定画面から保存場所や保存形式などを
選択すれば準備完了。

Mac スクリーンショットアプリ

Screenshoter 使い方

スクリーンショット撮影のショートカットはデフォルトだとControl+Shift+X

起動後、スクリーンショットの撮影自体に変わった操作はありません
マウスポインタをウインドウ上に持っていくだけでウインドウ全体が選択されたり
任意の部分を撮影したい場合はドラッグ操作で。

マウスポインタの部分が拡大鏡表示されるので細かな調整もしやすいです

Screenshoter

撮影後は自動で注釈メニューが表示されます
Skitchをお使いの人なら迷うことはまずありません
テキストでも矢印でもボカシでも。

ボカシはモザイクだけでなくガウスぼかしがあったり、矢印も
双方向があったりと人によっては嬉しい機能も

Mac 画像に矢印 双方向

注釈メニューにある歯車マークの設定からはフォントサイズやカラーなどの
変更が設定できます

スクリーンショット 2014 11 12 4 39 02

冒頭にも書きましたが長年Skitchを使っていて身に染みているなら
最初は勝手の違いに少し戸惑うと思います

その辺はこのエントリの注釈にSkitchを使っていることで察して下さい・・

しかし慣れると作業効率アップに繋がるかも知れないScreenshoter

今現在無料セール中です

Screenshoter
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ