Mac:メモリ解放アプリXCleanを使ってみた

Xclean. 使い方

基本的に現在僕がMacで利用しているメモリ解放アプリ「Memory Diag」を乗り換える気が
全く無いほど満足しているのですが、XCleanというメモリ解放アプリが無料中だったので
取り敢えずインストールして使ってみました

XClean App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

基本的には他のメモリ解放アプリと同じで、起動するとメニューバーにアイコンが
表示され、アイコンをクリックすることでメニューが表示されます
メモリ使用量やゴミ箱、キャッシュなどが溜まっていくとグラフ上で黄色に表示されます
(参考にならない画像ですが)

スクリーンショット_2014-08-11_5_26_00

他のアプリと少し違っている部分といえばゴミ箱を空にする操作が
XCleanのアプリ上で行えるということでしょうか
「ごみ箱」にチェックを入れておくとクリーン時ごみ箱を空にしてくれます
僕はコマ目にショートカットでごみ箱を空にしていますが、いつもごみ箱へ入れるだけで
どんどん溜まっていく人には良いかも知れませんね

また、メニューにある「ショーの割合」にチェックを入れるとメニューバーの
アイコン変化して数値化されたメモリ使用量になるようです
少し使ってみた感じではバッテリー残量と間違えてしまいそうで気になります

スクリーンショット_2014-08-11_5_38_16

自動クリーンアップの機能もあるようです
設定からホームディレクトリをドラッグすることで使えるようになるっぽいのですが
試していません

スクリーンショット 2014-08-11 5.38.52

メモリ解放アプリはStoreを覗けば沢山種類があります
結果的には自分に肌の合ったアプリを探すことが大事

個人的にはMemory Diag一択なんですよね

自動開放機能なんて気の利いたことはできませんが、最適化にかかる時間が
他のアプリと比較して、ズバ抜けて速いです

普段から大量のアプリを同時に使用たりしてメモリ不足に悩まされている人は
是非一度試して頂きたいアプリです

最適化時の虹色クルクルで作業と止められることが無くなりますよ

過去記事
Mac:メモリ解放アプリMemory Diagは最強!おすすめします

慢性的にメモリ不足に悩まされている人は思い切ってメモリを増設すると
一気に快適になります
数年前のMacをまだまだ現役で使いたい人なら価値は十分にあると経験から断言します

過去記事
MacBook Pro 15インチ Mid 2012のメモリを16GBに増設したら快適過ぎる

XCleanも気になる人は一度使ってみてはどうでしょうか
ひょっとすると貴方にビンゴなメモリ最適化アプリかも知れませんよ

XClean App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ