Mac:一眼レフをMacからリモート操作できるSofortbild

Mac 一眼レフリモート アプリ

Macから一眼レフをリモート操作できるSofortbild

Sofortbildで現在サポートされている機種はD4, D3s, D3x, D3, D2xs*, D2hs*, D2x*, D2h*, D1x*, D1h*, D1*, D800, D800E, D700, D600, D300s, D300, D200, D100*, D7100, D7000, D90, D80, D70s*, D70*, D60, D50*, D40x, D40, D5200, D5100 or D5000とNikon機ばかりですが、公式ページには将来的にはキャノン、Sony、Panasonicなどの主要メーカー全てに対応することを目的にしているとの記載もあるので、お使いの一眼レフがNikon機でなくてもこうしたアプリもある程度に覚えておいても良いかもしれません

また、必要条件としてはMac OS X 10.5以降

Mac 一眼操作アプリ

ワイヤレストランスミッターにも対応しているようですがお値段が高過ぎて僕は
持っていませんのでUSB接続にて使用。

Sofortbild 使い方

対応一眼レフを接続してSofortbildを起動すれば自動でカメラを認識、機種やレンズ情報が上部のバーに表示されます

Sofortbild 使い方

画面上部にはシャッターボタンの他にセルフタイマー、ブラケティング、インターバル撮影ボタン

Mac 一眼リモート

画面下部にはF値や露出、保存形式(RAWやJPG)など一眼をお使いの人なら別に悩む所はないです

リモートアプリなので当然Macから変更などの操作ができますよ

Mac 一眼レフ 操作 キャノン

Sofortbildの画面右上にはライブビューボタンとインスペクタボタン

ライブビューボタンを選択して表示される新規画面の▶ボタンをクリックで
カメラがライブビューに切り替わります。
画面左側の歯車アイコンからはグリッド表示やズームなど。
※ズームはレンズのズームではなく表示のズーム

Mac 一眼リモートアプリ 無料.png

ただ、ライブビューをオンにすると全ての設定ボタンが反転して選択できない状態になります。
ライブビュー画面を見ながら設定を変更、ライブビュー画面を見ながらシャターを切る
という流れはできません

ライブビューを見て確認、ライブビューを切って設定を変更って流れになりますね・・

Sofortbild 設定

あと少し気になったのがSofortbildから任意にフォーカスを合わせることができません
端から端まで確認したと思いますが何か見落としているのでしょうか?

ただ、Macに繋いだ状態でもカメラの操作はできるので最初はカメラ側で設定して
Sofortbildで撮影、カードを経由せずその場でMacで確認、写真が気に入らなければ
その場でMacから設定を変更して再撮影なんて流れができるのも便利です

Macからシャッターを切れることで当然ブレ防止になりますし。

撮影後は撮影した画像やインスペクタでヒストグラム表示ができるので、拘る人は
その場で白飛び黒つぶれの確認をしながらまた設定を変更して撮影したり。
exif情報などの確認もその場でできます

Mac 一眼操作 アプリ

また、公式ページを見る限りではAppleRemoteも使えるようです

Apple TVを買った時に付属していたアップルリモートを試そうとしましたが
部屋中探しても見つけることができずに断念。

Sofortbildは無料でMac App Storeからダウンロードできるので
室内撮影の多いブロガーさんやオークションに出品する機会が多い人なんかは
一度試してみると面白いかも知れません

Sofortbild
価格: 無料
カテゴリ: 写真, ユーティリティ


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ