Mac:簡単に動画にモザイクを付けることができるVideo Editor 3

Mac 動画にモザイク

Macの動画編集アプリVideo Editor 3がセールをしていたので少し使ってみました

基本的にはiMovieや他の動画編集アプリとよく似たUIで、左上がメディア
右上がプレビュー、画面下部がタイムラインになっています

操作性も他の動画編集アプリと似たり寄ったりなので
タイトルムービーやテキスト、トランジション、エフェクト、外部音声などをドラッグや
スワイプといった直感操作で動画を作成していくことができます

下の画像はVideo Editor 3で何もファイルを追加していない状態ですが、パッと見て
iMovieなどをお使いの人なら操作できることがお分かりになるかと。

動画にモザイクを付ける方法

僕は動画編集というジャンルが非常に嫌いで、いつも編集無しの「撮って出し」で
YouTubeにゴミ動画を量産しているので動画編集について何か言うのはおこがましいのですが
Video Editor 3を少し触って「あっこれはいいな」と感じたのが動画にモザイクを入れる機能。

動画の任意の場所へ超簡単にモザイクを入れることができます

Video Editor 3で動画にモザイクを入れるにはメディアを選択した状態で
画面中段位ある「パワーツール」ボタンを選択

動画にモザイクを入れる方法

別ウインドウが開くので「モザイクを適用」にチェックを入れて、後は
ドラッグでモザイクの場所や大きさを選択するだけです
めちゃくちゃ簡単。

Mac 動画にモザイクアプリ

少し面倒に感じたのは一つの動画内の中で、一時的にモザイクを使いたい場合
(例えば10分の動画内の2分から3分の間だけにモザイクを付けたい場合)

iMovieだと一つの元動画内ファイルから切り取りしながらタイムラインに追加できるので
かなり簡単に任意の時間帯だけエフェクトをかけたりできるんですけど

動画編集

Video Editor 3は一つの動画ファイルは丸々タイムラインに追加されます

Mac 動画にモザイク

モザイク処理は選択したタイムライン全体に処理されるので、動画内の一部分に
モザイク処理を行いたい場合はその部分を切り取った動画を挿入する必要がありそう
(僕が触り慣れていないだけかも?)

Mac モザイク 動画

まぁ、そのへんも切り取りなどを使えば大した問題はなさそうですが、
任意の場所を切り取りしながらタイムラインに追加できればもっと簡単に感じました

お使いのソフトにもよるでしょうが、動画にモザイクを入れるって結構面倒に感じますので
これだけ簡単、直感操作のみで動画にモザイク処理できるならいざというときに
インストールしておくのも良いかも知れません

普段は少々お高いようですが、ブログ記事作成時は¥100セールをしていましたよ

Video Editor 3 App
カテゴリ: ビデオ
価格: ¥100


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ