Mac:重いアプリをチェック、終了できるSystem Lens

System Lens 使い方

System Lensはアクティビティモニタを使わなくてもMacのシステム負荷状況を
3段階表示で簡単に見ることができてそのままアプリを終了することができるアプリ

僕はかなり前の無料セール時にインストールして、とある理由であまり
使う機会がなかったのでブログ記事には書かなかったのですが、当時
長期間Storeのランキングに表示されていたので需要が高いのかも知れません

基本的にはインストールしてメニューバーに表示されるアイコンを
クリックすれば現在どのアプリが負荷をかけているかを表示しれくれます

System Lens 設定

表示は”HIGH” ”MED” ”LOW”の3段階。(NONEは見たことが無い)
あまり使っていないのに負荷がかかるアプリを終了するには”HIGH”などの部分を
クリックすると表示される「☓」ボタンをクリックするだけです

System Lens 設定 使い方

設定からはお決まりのスタートアップ項目などですが、表示されるアイコンを
矢印から数字に変更したりもできます

System Lens 設定

僕の場合、Macを使う時の動きがワンパワーン過ぎるので、こうしたアプリを使わなくても
Macが重くなってきたと感じたら「ブラウザかPhoto Shopが原因」という流れが
出来上がっているのですが、Macで大量のアプリを使う人や、
「Command+Tab+Q」さえ億劫なくらいマウス操作することが多い人は無料中に
インストールしておくと役立つ可能性は高いアプリだと感じます

System Lens App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ