Mac:ColorStrokes 使い方

ColorStrokes 使いkた

ColorStrokesは画像を白黒にして任意の部分のみカラーを残す
“好きな人は好き”というタイプのアプリ

画像共有サイトにアップする画像作成などに良いのでは。

記事掲載当時は¥100セールで販売されています

ColorStrokes カラースプラッシュスタジオ
価格: ¥100
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン

ColorStrokes 使い方

ColorStrokesの使い方は非常に簡単
ColorStrokesを起動して加工したい画像をドラッグ&ドロップするか「Load/Import Image」からMac内の画像を指定

ColorStrokes 使い方

画像を読み込んだ時点で一旦モノクロ化されているので後はブラシを調整して
カラーを残す部分を選択していきます

画面上部に並んでいるツールは拡大、縮小や元画像との比較、失敗した時のアンドゥなど。
“Quick Compare”はクリックしている間だけ元画像と比較

mac 画像加工アプリ

“Compare”は加工中の画像と元画像との比較できます

ColorStrokes 使い方4
ColorStrokesの画面右上はブラシモードや画像をスクロールするPan。
ColorStrokesを使うときは結構細かい作業が必要になるので「拡大」して「Pan」で塗りやすい部分を表示するのは必須

ColorStrokes 使い方 4

「Brush」の部分はブラシサイズや境界線のボカし具合(Softness)や不透明度

mac モノクロ アプリ

画像をモノクロに変えて、任意の部分だけカラーを残す場合ならまずはここまでで完結します

mac モノクロ変換アプリ 画像

“Adjust”ではコントラストやブラーなど画像全体の加工が可能。
カラーを復元した部分とモノクロの部分を別々に変更できるので、創造性豊かな人であればかなり使い勝手のある機能ではないでしょうか

mac 画像 白黒 変換

Effectsはそのままエフェクトです。この辺は好みで。

スクリーンショット 2014 11 21 6 08 45

気が済むまで弄ったら保存して完了。
シェアはFacebookやTwitterはもちろん、当然Flickrにも対応しています

スクリーンショット 2014 11 21 6 18 25

ノーセンスの僕が言うのもアレですが、センスある人であれば
かなり簡単にカッコいい画像が作成できるアプリだと思いますので
Flickrなどをお使いの方はセール中にどうぞ

ColorStrokes カラースプラッシュスタジオ
価格: ¥100
カテゴリ: 写真, グラフィック&デザイン


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ