Mac:PopClipと翻訳タブ」の組み合わせがどれだけ便利なのか確かめるべく買ってみた

Mac 翻訳タブ

こんにちわ!Macユーザーの皆さんPopClip使ってますか
ホント便利ですよね

Macをどんな用途で使う人でも活用しているイメージなので、未だにPopClipを
使っていない人は絶対に検討、いや買うべきです

「こんな便利なアプリを使っていなかったのか」と後悔するでしょう

過去記事
Macを使うなら絶対入れておきたいPopclip

そんな多くのMacブロガーが推奨しているPopClip
自分の用途に合わせた拡張機能を追加することで更に手放せないアプリになります

そして同時通訳を仕事にできるような英語レベルの人以外は使ってそうな翻訳拡張機能

選択したテキストをブラウザのGoogle翻訳で開く”Google Translate”
メニューバー上でGoogle翻訳を利用できるアプリ「翻訳タブ」に表示させる”Translate Tab”
一行ではありますがその場で表示してくれる”Instant Translate”と3種類あります

PopClip 翻訳機能 違い

“Google Translate”と”Instant Translate”はPopClipさえインストール
していればすぐさま使える機能ですのでまずはこの2つを使うことをおすすめ

“Google Translate”なら選択したテキストをブラウザ上のGoogle翻訳で表示、
“Instant Translate”なら選択したテキストをその場で翻訳してくれます

PopClip 拡張機能

 

僕は過去記事でも書いていますが
「PopClipを先に購入したので翻訳タブを買う必要が無くなった」と感じる程
ブラウザ表示のGoogle翻訳に全く不備を感じず今まで過ごしていたのですが、
PopClipと「翻訳タブ」の組み合わせを推奨する人があまりに多いので
どんな使い心地なのか自分の身で確かめるべく購入してみました

もしあまり使わないアプリになったとしても400円ほどの出費
400円でこの先の作業効率を上げることができるか試せるなら安い買い物です

翻訳 タブ App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: ¥400

2つの翻訳機能の違い

“Google Translate”も”Translate Tab”もどちらとも同じGoogle翻訳を利用
した翻訳機能なので翻訳結果は当然同じ。

違いを大きく言えばブラウザ上で表示するかメニューバー上に表示するかの違い

少し掘り下げると”Google Translate”は利用する度にブラウザに新しいタブで
表示され、使い続けることでどんどんタブが増えていきます

Popclip 翻訳機能 種類

比べて”Translate Tab”は使う毎に書き換えられ、前回の翻訳は破棄されます

Popclip 便利

実際自分の身で数日間使ってみた感想が、全ての人におすすめかどうかと言えば
ちょっと微妙な気もします

利用者の英語力(英語とは限りませんが)や翻訳の利用の仕方によって
どちらを便利に感じるかは大きく印象が変わるのではないでしょうか

と言うのも翻訳結果を元に何らかの文章などを作成する時、人によってはその
翻訳結果を何度も参照する必要がある場面も出てきます
長文の翻訳結果などなら特にそんな場面があります(僕は)

こんな時、エディタの横に翻訳結果を表示させたブラウザを置いておけば
作業がしやすいです。

仮に翻訳結果を表示させて参照しながらPagesで文章作成していると過程
した画像が下の画像。こんな使い方している人も多いのではないでしょうか

スクリーンショット_2014-07-30_6_08_57

他にも現在利用している翻訳結果がある状態で別の翻訳が必要になった時も
ブラウザ表示なら新規タブで表示されるので前回の翻訳結果を
残したまま利用することができます

比べて翻訳タブアプリで翻訳結果を参照する時はメニューバーのアイコンを
クリックしたりショートカットなどで表示させて、基本的には
アクティブな状態である必要があります

アプリの初期設定のまま使っていると、いざ翻訳結果を見ながら作業というとき
別のアプリがアクティブになると翻訳結果は非表示に。

これでは翻訳結果を見ながらの作業ができません

設定からhide on deactivateのチェックを外すことで
別のアプリがアクティブになっても翻訳結果を表示させることはできます

翻訳タブ 設定

しかし他のアプリがアクティブになっても最前列に配置されるので
デュアルモニタでデスクトップを広々使える人でないと
翻訳結果を見ながらの作業は結構厳しい感じ

仮に翻訳表示を優先させてブラウザをアクティブにした画像がこれ

Popclip 便利機能

言い方によれば翻訳結果を見ながら作業できますが、せせこましいです

ブラウザの様にドラッグで画面を任意の場所に配置できれば良いんですけどね

そして、その翻訳結果を参照しながら作業している最中に別の翻訳が必要に
なった時、”Translate Tab”を使って翻訳結果が書き換えられるのも困る場面もある

翻訳結果をノートアプリにでもコピーすればその問題を解決できますが
お金出してアプリ買ってそこまで手間をかけるなら初めからブラウザで表示させるほうが
楽な気がします

僕がまだ翻訳タブを数日しか使っていない(使い慣れてない)ことや、今まで
ブラウザで表示させて任意の場所(自分が使いやすい場所)に配置して使うことに
慣れきっているからそう思うのかも知れませんが、
数日利用した感想としてはホントに微妙に感じる場面があります

全く真逆に感じる人もいるはず

ここまでは完全に僕個人の主観で、いかにも「標準で使えるブラウザ経由の翻訳」が
良いように書いていますが、たまに分からない単語だけを翻訳できれば十分的な
人であれば逆にブラウザのタブが増えていくのが邪魔に感じるでしょうし
僕とは真逆に感じることだと思います

しかしPopClipの翻訳に関する拡張機能”Instant Translate”を使えば
一文ではありますがメニューバーさえ不要のその場で翻訳結果を表示してくれます

PopClip 拡張機能

文法は理解しているのでたまに分からない単語を調べる程度の人ならこれで十分なのかな?

僕がそんなレベルでないのでその辺はなんとも言えませんが、
実際400円払ってGoogleタブを購入して試して、言えることは

人による

としか言いようがないんですよね

人によるなんて言い方をしてしまえばどんな事柄でも話が終わってしまうのですが
本当に人によるとしか言いようが無い気がします

実際翻訳タブを超便利と感じている人も多い感じですし、僕の様にブラウザで
利用する方が自分に向いている人もいると思います

 

僕はもう色んなアプリを使ってみるのが趣味の様になっているので
全く後悔などはしていませんが、形の無いデジタルデータへの出費を
あまり好まない人もまだ多い気がします

たかが400円、されど400円

肝心な事は購入を検討しているアプリの仕様、できることをちゃんと把握した上で
自分の用途に合っているか考えて購入する必要があるということで。

翻訳 タブ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥400

PopClip App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥500


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ