【Mac】ごみ箱から削除してしまったファイルを復元できる「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」を使ってみました

Mac 削除したファイルを復元する方法

Macで大切な画像や動画、様々なファイルを誤ってごみ箱から削除してしまった時の対処法
と言えばTime machineです。コマ目にバックアップを取っておけば万が一
大事なファイルを誤って削除しても以前にバックアップを取った状態に戻すことができます

しかしMacユーザー全員がTime machineを利用しているかと言えばそうでは無いみたいです

ググれば「ごみ箱から削除したファイルを復元するフリーソフトはありませんか?」なんて
Yahoo!知恵袋などで質問しているのを見ることができます

ぶっちゃけせっかくMacユーザーであれば高価なTime capsuleを買わなくても
程々の値段を出せば大容量の外付けHDDが買える時代ですので大事な想い出を
守りたいのであればとも思いますが、何にせよTime machineを使っていない人が
間違って大事なファイルを消してしまっては後の祭りです

消した後のバックアップを取っても意味が無いですからね

そんなワケで、Macでバックアップを取っていない人が大事なファイルを削除してしまった時
素早くファイルを復元できる「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」をご紹介します

多分今このエントリを見ている人はファイルの復元に必至な可能性もあるので
取り敢えず先に試用版を本家ダウンロードサイトから落としてインストールを。

iSkysoft 万能データ復元!for Macのダウンロードとインストール

iSkysoft 万能データ復元!for Macのダウンロードサイト

リンク先でiSkysoft 万能データ復元!for Macの”無料体験”をクリックして
ファイルをダウンロード

Mac ファイルの復元 無料

ダウンロードした.dmgファイルを展開して.appをアプリケーションフォルダにドラッグ
でインストールが完了します。早速「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」を起動して下さい

Mac ファイルを削除した時の対処法

起動時、購入した人が登録したり、そのまま試用版を使うか選択する画面が
表示されます。誤って削除したファイルが無料版で復元できるか確認できますので
“試用”を選択

Mac ファイル復元 無料

ファイルの復元は4種類

「iSkysoft 万能データ復元!for Mac」のメイン画面が表示されます。
日本語に対応しているので悩む項目も無さそうですが、ごみ箱から誤って削除した
ファイルを復元する場合は”失われたファイルの復元”を選択。

一応RAWは別項目で表示されているのでRAWファイルの場合は”Rawファイルの復元”を
選択したほうが良いのかも知れません

Mac ファイルを復元する方法 無料ソフト

ドライブやファイル形式を選んでスキャン開始

“失われたファイルの復元”を選択したら次にスキャンするドライブやファイルの
形式、ディープスキャンなどを選択します。
ディープスキャンはアンチウイルスソフトなどをお使いの人ならお分かりだと
思いますが、オンにすれば時間がかかりますがより精密にスキャンしてくれます
全て選択できたら”スキャン”をクリックで開始

ファイルを消してしまった時の対処法

今回僕はディープスキャンは選択しませんでしたので、スキャンは1分くらいで終了。
この記事を書きながら作成した画像ファイルをゴミ箱から削除していたのですが、

見事にごみ箱から削除した画像がちゃんと表示されてます

これが大事な家族旅行の写真などなら感激ものですね!!
当然画像だけでなく動画など様々なファイル形式に対応していますよ

Mac ファイルの復元

この後復元したいファイルを選んで”復元”ボタンをクリックすれば、誤って削除した
ファイルが元通りに復元できるわけですが、残念ながら無料版はスキャンまで。
復元するには購入する必要があります

Mac ファイルの復元ソフト おすすめ

iSkysoft 万能データ復元!for Macで復元してみました

僕自身が製品版を使わずに「おすすめします!」なんて言っても説得力が無いので
実際にiSkysoft 万能データ復元!for Macの製品版を使ってファイルを復元することに。

誤ってごみ箱から削除してしまったファイルが復元できるかMacをスキャンするところまでは
無料試用版と同じです。今回テストとして適当に選んだ画像をごみ箱から削除しました

Mac 消したファイルを元に戻す方法

ゴミ箱からファイルを完全に削除して、普通なら二度と元に戻らない状態で
iSkysoft 万能データ復元!for Macを使ってMacをスキャン

当然ですが、削除してしまったファイルが復元アプリに表示されていますし
この記事を書きながら作成、削除した画像ファイルなども表示されています

Mac 復元ソフト 無料

ファイルにチェックが入って選択された状態を確認して”復元”ボタンをクリック、
ファイル名や保存場所を設定して”保存”ボタンで復元完了ですが、
ファイルの復元は元のソースパーテションでは復元できないみたいです
別のパーテションか又は外付けHDDやUSBメモリなどを復元場所に選ぶ必要があるようです

Mac 復元ソフト おすすめ

Mac ファイルを削除してしまった時は

ってことで今回は外付けHDDを画像の復元場所として選択して復元、見事に
ゴミ箱から削除したファイルが復元され、元に戻ってきました。凄い!!

Mac ファイルの復元方法

削除から復元までの動画も撮ってみました。強烈に暇な人はどうぞ

まとめ

iSkysoft 万能データ復元!for Macを使ってみて感じた事が、
Macユーザーであれば普段からバックアップを取っている人もそうでない人も
無料試用版をインストールしておいた方が良いのではと感じます

僕は今までファイルの復元が必要になった事がないのでその手のことに
あまり知識はありませんが、ファイルの復元は削除後、時間が経てば経つほど復元が
困難になるなんて話を聞きます

今スルーしていつかファイルを削除してしまった時、またググるところから
始めるのも時間の無駄ですし、普段バックアップを取っている人でも
もし前回のバックアップをした時からファイルを削除してしまった時までに
重要なファイルがあった場合などを想定すると「万能データ復元!for Mac」を
使って必要なファイルの復元だけをパパっと行うほうがスムーズだと感じます

Macに無料試用版だけ入れておいて、いざファイルを消してしまった時に
万能データ復元!for Macでスキャンして、復元できそうであれば購入するなんて
流れを作っておけば万が一の時に焦らずに済みますよ

iSkysoft 万能データ復元!for Macのダウンロードサイト


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ