【Macアプリ】Macのメモリ解放アプリMemorykeeper使い方

Memorykeeper使い方

※追記:2014年現在のMacのメモリ解放アプリの
おすすめはMemory Diagです
Mac:メモリ解放アプリMemory Diagは最強!おすすめします

Macのメモリ開放アプリって有料、無料供に沢山あるので結局最後にどの
アプリを使うかってのは色々試して肌にあったアプリをって感じなんですけど
僕のおすすめのメモリ解放アプリの本命はMemoryCleanなんですが
もう一つ上げるとすればこのMemorykeeperです

Memorykeeper使い方

使い方と言ってもメモリ解放アプリって基本的にはアプリを起動して開放ボタンをクリックすれば
OKって流れが多いわけですけどこのMemorykeeperもまんまです
アプリを起動して”Clean Memory”をクリックするだけでメモリ開放が始まります

Memorykeepre使い方

メモリ開放が終わったら”Finish”ボタンをクリックするだけです

Mac メモリ開放アプリ 無料

Memorykeepreの設定はメニューバーのアイコンを右クリックして”Preferences”から

Memorykeeper設定

Memorykeepre設定

一番上にあるクリーンアップモード(Cleanup mode)にはQuickとFullの2種類から選べますが
Quickの場合はシステムのパフォーマンスを遅くしない容量、
Fullの場合はより完全なトップレベルの結果を提供するがシステムが遅くなる原因
みたいな事が横に書かれています
Memorykeeperを常駐させるならQuick、重くなってきたら使うって人はFullでいいと
思いますがその辺はお使いのMacのスペックと相談って感じでどちらも試して
より良く感じる方で良いと思います

Memorykeepre Cleanup mode

“Automatic clenup”にチェックを入れておくとメモリが指定した空き容量になると
自動でメモリ解放が始まります。そのまんまですが・・・
空きメモリの指定は普段のMacの使い方で重くなってきたと感じる手前くらいでいいと
思いますがその辺もお使いのMacのスペックや使い方と相談って感じですかね

Memorykeepre自動設定

後はMacの起動時から終了まで常駐させるなら
“Start with system”にチェックを入れておくくらいでしょうか

Memorykeepre 起動時にスタート

ここではMemorykeepreの使い方と書きましたが、メモリ解放アプリって
殆ど使い方は同じで設定から「スタートアップ時に起動させるか」や
「メモリの空き容量がどれくらいになると自動で開放を始めるか」を選択する
流れなのでMemrykeeperの使い方を覚えておけばこの先別のメモリ解放アプリを
検討する時も使い方は自然に分かるようになっているはずです


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ