Macアプリ:任意のテキストをフォント別に簡単に見比べることが出来るEverFont

EverFont 使い方

僕は広告の無いPro版を使っているんですが、EverFontは画面に任意のテキストを入力して
Macにインストールされているフォントで見比べることが出来ます

Webデザインとかする人に良さそうなアプリですが、普段あまり使わないって人でも
年賀状やクリスマスカードにポスターなど、ちょっとデザインセンスが必要な
ものをMacで作成する時などを作成する時に役立ちます

そんなEverFontが現在無料中

どんなアプリを使って作成するかでも変わりますが、仮にMacに内蔵されている
FontBookで「どんなフォントを使おうか」と見比べようとしても、
画面上には1つのフォントずつしか表示できませんし、テキストも任意ではなく
A〜Zや1〜9だったりで、見比べるというより使えそうなフォントを一つ一つ
確認しながら探すって感じです

Mac フォント見比べる方法

EverFontなら任意のテキストで画面をスライドさせてスムーズに見比べることが出来るので
頭の中のイメージに合ったフォントを探しやすいです

EverFont 使い方

PDFボタン1つで全てのサンプルをPDFにして出力する機能もあります
個人的にはこの機能の使い道が思い浮かびませんが、友人などと共同で作業する時に
添えつけてメールしたりすると便利なのでしょうかね?

EverFont Mac

僕自体は年賀状のHappy New Year!にどのフォントを使おうか?くらいしか普段
使い道がないのですが、無料中ですので入れておくと役立つ時が出てくるかもですよ

因みにPro版は広告が付きませんが、今回無料セールしている方は
画面上部に広告が表示されます

EverFont – Font Preview Tool for Developers and Designers App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

EverFont PRO – Font Preview Tool for Developers and Designers App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥500


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ