iTunesライブラリにある曲の歌詞情報を自動取得してくれるLyrics Master2使い方

Lyrics Master使い方
iTunesのライブラリにある曲に歌詞情報を付けるなら絶対にLyrics Masterがお勧めです
iTunesで音楽を再生するだけで自動で歌詞を検索してくれますよ

Lyrics Masterダウンロードとインストール

Lyrics Masterはこちらでダウンロードできます

Lyrics Masterダウンロードサイト

Macを使っている人ならMac版、WindowsならWindows版を選択してダウンロード

Lyrics Masterダウンロード

Macであれば.dmgファイルがダウンロードされるのでダブルクリックして展開、
表示された画面のアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグしてインストール完了

Lyics Masterインストール

初回起動時は使用許契約書が開きますが問題ありませんので”同意する”をクリック

iTunes 歌詞情報を付ける方法

Lyrics Master使い方

Lyrics Masterを起動すると最初は下の画面が開くので”検索”をクリック
Lyrics Master 使い方
新規に下の画像のような画面が開くので大量に歌詞情報を登録するなら
“連続モード”にチェックが入っている事を確認して
“iTunes連携”ボタンをクリックしてiTunesで何か音楽を再生
iTunes 歌詞情報を付ける

曲のタイトルやアーティスト情報から歌詞情報を検索して表示してくれます
この曲の場合はタイトルで複数の検索結果が表示されていますがアーティスト情報から
一番の候補を最初に自動で表示してくれています
iTunesの曲に歌詞情報
Lyrics Masterを起動した時に出る画面には候補の歌詞が表示されます
iTunes 歌詞情報を自動で

別の画面で「この歌詞を(曲名)に設定してもよろしいですか?」と聞かれるので
“続ける”をクリックで歌詞を登録。
連続モードの場合はすぐに次の曲の再生、歌詞の検索が始まります

音楽データに歌詞情報

歌詞情報を追加してiPhoneと同期すればもちろんiPhoneでも歌詞を見ながら
音楽を聴く事が出来て覚えやすいです
iPhone 歌詞表示
カラオケ好きには必須アプリですよ

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ