MacからWindowsへ文字化けしない圧縮ファイルを作成してくれるMacWinZipper(WinArchive)の使い方

MacWinzipper使い方

Macを買ったらまず入れておきたいアプリの1つが”MacWinZipper”。
Macに標準で付いているzip作成機能で作成したzipファイルだと
Windowsへ送信、展開すると文字化けしたりしますがその問題を解決してくれます

MacWinZipperはMac appStoreからでもダウンロード出来るようですがStoreだと
名前がWinArchiveになっています
この辺の事情は僕には解りませんが同じアプリです
有料版と無料版がありますが無料のLite版は機能制限はありますが期間的には
制限が無いのでまずは無料版を使えば良いと思います

WinArchiver Lite App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

WinArchiver App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥2,500

MacWinZipper使い方

使い方と言っても直感的過ぎるわけですが、MacWinZipperを起動して
圧縮したいファイルをドラッグ

MacWinZipper使い方

開いた画面ではパスワードを付けるかそのままzip作成かを選択
Lite版は4桁までパスワードを付けてzipファイルを作成出来ます
パスワードとか必要ない場合はそのまま”Zipファイルを作成”ボタンを押すだけです

WinArchive使い方

WinArchiveの機能制限

今はMac app Storeでのダウンロードになっていますが、以前の
MacWinZippeのダウンロードサイトでは無料のLite版と有料版の比較の表が載っています

WinArchive使い方

そのまんまですが
“Windowsに必要ないファイルを自動削除”や
“Windowsでの文字化けを防止”といったWindowsの人に送るzipファイルを作成する為の
最大限の目的は有料版と同じです

“Windowsに適さないファイル名を自動修正”は特殊な文字は使わなければいいだけですし
パスワード”も4文字までは使えるのでよっぽど重要なファイルの送信でもしないなら
パスワードなんて無くても問題ない人が多いと思います

詳細は作者さんのダウンロードサイトを参照して頂ければ解りますが、
一般的にWindowsでも文字化けしないzipファイルを作成する分には無料のLite版でも
全く問題は無いです

問題があるとすればLite版ではZipファイルを展開することが出来ないってことでしょうか?

WinArchive 開けない

Windowsから受け取ったZipファイルの展開は僕の場合は
The Unarchiverを使っています
The UnarchiverもMac app Storeからダウンロード出来る無料アプリで
Windowsから送られた圧縮ファイルを文字化け無しで展開出来ます

MacからWindowsへ文字化けしない圧縮ファイルを作成してくれるMacWinZipper(WinArchive)の使い方

結果的にWinArchiveとThe Unarchiverをインストールして
デフォルト設定すれば、以降Mac、Windowsでのファイル送信に悩むことも無くなりますよ

WinArchiver Lite App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ