MacにあのShazamが登場! 音楽好きなら絶対入れるべし

Shazam Mac

iPhoneユーザーならお馴染みデバイスに音楽を聞かせて何の曲かを調べる
ShazamがMacアプリになって登場しました

曲を当てる精度はiPhoneをお使いの方には不要ですがかなりのものです

Shazam App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料

iPhoneで利用する時に想像できる状況と言えば、商店街、街などを歩いている時や
どこかの店舗内にいる時に気になる曲が流れた時、Shazamを起動して
iPhoneに音楽を聞かせるだけで誰の何という曲かをすぐに当てて、
そのままiTunesStoreなどで購入したりするなんて場面

音楽好きな人ならShazamに限らずデバイスに曲を聞かせて調べるアプリなんかを
こんな感じで使ったことがあるのではないでしょうか

昔の話ですが、僕はレンタル屋で松任谷由実のAnniversaryの曲名を知らず、
店員に鼻歌を聞かせて教えてもらい借りたことがあります(どうでもいいですけど)

今思い出しても顔が赤くなるくらい恥ずかしい思いをしましたが
Shazamを利用することでそんな恥ずかしい思いをする必要もありません
(こんなアプリが無くてもそんなマネする人あまりいないかもですけど)



さて、iPhoneならいつでも持ち歩くデバイスなので先ほどの様な場面を
想定できますが、Macを常に持ち歩く人なんてそうはいない中
どのような使い道があるのか?と感じる人もいるのではないでしょうか

これが意外と入れてみるとiPhoneより使い勝手が良いかもしれません

MacのShazamを使ってみた

起動さえしておけば基本的にはOK。後はテレビやラジオ、人の声でも
Shazamが「曲」と認識すればMacの画面に通知され、
メニューバーのアイコンをクリックすればその曲を調べたりそのまま
iTunes Storeで購入なんて流れが可能

実際使ってみて「これは良いかも」と感じたのは前に出過ぎないって部分

Shazamが「曲」として認識すれば即座にデスクトップ上で通知され、アプリ内に
記録されていきますが、メニューバーアイコンをクリックしなければそれ以上のアクションは
ありません

Shazam Mac

メニューバーアイコンをクリックすればShazamが「曲」と認識した曲が
リスト表示され、曲のことを調べたり購入したりすることが可能

仕事中に有線が流れている人なんかだとかなり良いのではないでしょうかね

Shazamを終了させなくてもオン・オフを切り替えることもできるので
気になった曲が流れた時にサッとオンにするなんて使い方もできます

Shazam Mac 使い方



曲名やアーティスト名の部分をクリックすればShazamのサイト?が
ブラウザで開き、曲の試聴やYouTubeビデオなどを見ることもできます

因にm-floのShe’s Soはハイテンションドライブの時におすすめの曲
男女数名でハイテンションの中、海に向かう途中にでもこの曲をかけましょう
さらにノリノリになって女の子はもっと開放的に(なるかどうかはわからない)

Shazam Mac 便利

She’s So (Outta Control) – Single – m-flo

まぁ、こんな感じでShazamにできることは「曲」と認識したメロディーから
どのアーティストのどの曲かを調べたり、視聴したりするためのアプリです

Macの周りにテレビ、ラジオがある人
Macから出力される音もマイクから取り込んで認識するのでMacでラジオやテレビを
見る人でも使えます

バックグランドで起動させるだけなので邪魔になることもありません

僕ももうレンタル屋の店員に鼻歌を聞かせることもないわけです

Shazam App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ