Macアプリ:隠しファイルの作成や誤って削除したくないファイルにロックが出来るHidden File Manager

Mac 隠しファイル作成

Macで隠しファイルの作成や誤って削除したくないファイル管理に良さそうな
Hidden File Managerというアプリを試してみました
アプリを起動するとパスワードの入力画面が表示されています
画面下部にデフォルトパスワードが書いてあるのでそのまま入力すると
おおよその使い方が表示されますが

Hidden File Manager 使い方

何はともあれメニューバーのPreferencesからログインパスワードを設定、
ログインパスワードと下にも同じパスワードを入力で準備は完了

Mac 隠しファイル 隠しフォルダの作成管理アプリ

メニューバーのアイコンからHidden File Managerを起動して表示された画面に
隠したいファイルをドラッグ&ドロップして「Locked?」か「Hidden?」にチェックを入れます

Mac 隠しフォルダ作成アプリ

ここでの”Lockd”は選択したファイルを見れなくするロックとは違い、ファイル名変更や
ファイルの削除などを簡単に出来ないようにするロックのようでファイル自体は閲覧、使用可能。
フォルダの場合はフォルダを開いて中のファイルを閲覧、使用することも可能。
ファイルに鍵アイコンが表示されますが、機能的な制限は無くて、ファイル名の変更が
出来ない他、「削除の時もロックがされています」と警告画面が表示されるので
間違って大事なフォルダやファイルを削除したくない時に使うのがいいと。

Mac 隠しフォルダ管理アプリ

そして”Hidden”にチェックを入れるとそのファイルは非表示になります

Mac ファイルを非表示

非表示にしたファイルやフォルダは非表示設定のままでもHidden File Managerの
“Open”からアクセス出来るのでMacのあちこちに非表示にしたファイルやフォルダが
あってもこのアプリ1つで全て管理が出来ます

Mac便利アプリ

ファイルを非表示って事で多くの人が見られたくない画像や動画などを隠す使い方を想像
すると思うのですが(僕だけ?)、ロックにチェックを入れることでファイルを捨てる場合などに
確認されるので思い出の画像、家族で旅行した時の動画などのような
間違えて削除してしまうと取り返しのつかないファイルなどにHidden File Managerでロック
だけでもしておけば誤って削除してしまう可能性は大きく減ります
ロックしたファイルや非表示化したファイルがMac内のあちこちに分散していても
Hidden File Manager内で管理出来てなかなかこれは(・∀・)イイトオモイマス!!

Hidden File Manager App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ