Mac:スクリーンショットマネージャアプリ「QuickShot」

QuickShot使い方

これは頻繁にスクリーンショットを撮るようなブロガーさんならかなり活用度の高いアプリに思います。

スクリーンショットマネージャアプリ「QuickShot」を使えば指定したフォルダ内に新規にスクリーンショットが追加されるとアイコンで知らせてくれて、アクセスもメニューバーアイコンから可能でデスクトップを汚さずにガンガンスクリーンショットを撮影できます

使い方も非常に簡単で、初回QuickShotを起動したら歯車アイコンから”Set Folder”を選択してスクリーンショットの保存場所に指定しているフォルダを指定するだけ。

QuickShot 設定

アイコンをクリックするとフォルダ内の画像が表示されます

Macスクリーンショット保存場所変更

普段メニューバーアイコンはタダの円ですが、新規にスクリーンショットを撮影して画像が追加されるとボワっと中央に新たに黒い円が追加されます

QuickShot使い方2

QuickShotのメニューバーから表示された画像をそのまま編集アプリにドラッグして利用したり、大量に撮影して必要なスクリーンショットだけをデスクトップにドラッグで移動したり(シェアなどの機能もあります)とアクセスしやすいのでかなり便利。(当然フォルダを開くこともできますよ)

僕もブログでスクリーンショットを多様するのですが、スクリーンショットの保存場所をデスクトップのままにしておくか、任意の場所にするかはかなり良し悪しがあると感じます。

撮影後すぐに利用するのでデスクトップに保存は利便性が良いのですが、何枚も撮影して編集アプリなどで複製されていくとあっという間にデスクトップが画像だらけで整理するのも面倒ですし、かと言ってスクリーンショットの保存場所を任意のフォルダに設定すると今度は利用する時にアクセスするのが少し面倒になります

しかしQuickShotを使えばデスクトップは綺麗なままでスクリーンショットにはすぐにアクセスできると両者の短所を補うことができるアプリです

スクリーンショットを多用する人なんてかなり限られている気もしますが必要な人にはかなり使えるアプリです

QuickShot – Menubar Screenshot Manager App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ