Mac:バッテリーの劣化具合をワンクリックで確認できる”Battery Diag”がウェジット対応

Battery Diag 使い方

Mac ウェジット

かなり以前に僕のブログでもご紹介させてもらった
MacBookのバッテリーの劣化具合を簡単に知ることができるBattely Diagが
ウェジット拡張に対応しました

Mac バッテリー 劣化具合を調べる

Mac OSだけでもバッテリーの劣化具合を調べることはできますが、行程が
多く面倒だったり、Mac購入時のバッテリー容量を調べたりするのは更に面倒

またこうした確認って頻繁にすることでもないので、ふと気がついて
バッテリーの劣化状況を調べようなんて時は「あれ?どうだったかな?」なんて
ことになったりします

Battery Diagは起動するだけで今までの放電回数や満充電時の容量など
MacBookのバッテリー劣化具合を簡単に確認できる便利なアプリ

詳しくは過去記事を。
Mac:簡単にバッテリーの劣化具合を確認できる Battery Diag 超オススメです

アプリのアップデート項目を眺めていたらBattery Diagがウェジットに対応したと
出ていたので早速試したところ、初期設定ではアプリを起動した時のように
充放電回数や使用できる残り時間、健康状態などが表示されています
(ハートしか見たことがないのですがバッテリーがヘタると変わるのでしょうか?)

Mac バッテリー状態確認方法

下部にあるバッテリーの残りの%表示はメニューバーと同じなので不要ですね。

右上のiボタンから削除できます。

ついでにウェジットに表示する拡張として編集画面から
バッテリー温度や消費電力などの表示も追加できます

Mac バッテリー劣化を調べる方法

んで、結果的にこんな感じでバッテリー温度や充放電回数なんかを簡単に確認。

Mac バッテリー 寿命

充放電回数やバッテリー温度など、普段頻繁に確認する項目では無いと思うので
手軽に見れるウェジットよりアプリとして使うほうが現実的にも感じますが
アプリを入れていても結局確認しないなんて人には良いかも知れませんね

どちらにしても便利なアプリで更に無料ですのでお勧めですよ

Battery Diag App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ