Mac:メニューバー項目をホットキーでマウスポインタの場所に表示する「MenuMate」

MenuMate 使い方

Macのメニューバー項目をホットキーでマウスポインタの場所に表示するアプリMenuMate

PhotoShopやPixelmatorの様な多機能アプリでショートカットを覚えるのが苦手な人にはかなり良いアプリになるかと。

例えば下の画像はPixelmaterを使っている時の画像ですが、ショートカットを覚えるのが苦手な人でもMenuyMateの呼び出しキーさえ覚えていればその場(マウスポインタの場所)にメニュー項目を表示させることができます

Mac MenuMate 使い方

毎回マウスポインタをメニューバーに移動して何か項目を選んでいる人ならかなり効率アップに繋がるアプリだと思います

MenuMate App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

MenuMate 使い方

MenuMateを初めて起動すると「MenuMateがメニューを表示するためには補助機能にアクセスを許可しなければなりません。このウインドウが補助機能へのアクセスを許可する後閉じられます。ユニバーサルアクセス設定を起動し、補助機器へのアクセスを許可するをお選び下さい」と表示されます

MenuMate 設定

早速「システム環境設定」にある「セキュリティとプライバシー」にある「プライバシー」タブからアクセシビリティにある「MenuMate.app」にチェックを入れれば準備完了。

MaenuMate 使い方 Mac

メニューバーにタコのアイコンが表示されます

Mac app MenuMate 設定



MenuMateを利用するためのホットキーはデフォルトではoptionZ

このホットキーはメニューバーアイコンから任意のキーに変更可能です

Mac MenuMate 使い方

これでこの先ホットキーを押せばアクティブなアプリのメニュー項目がマウスポインタの場所に表示されます。

MenuMate App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ