Mac:画像の切り抜きに特化した「PhotoScissors」子供の画像を使った年賀状作成などにも良い感じ

画像切り抜き Mac

PhotoScissorsは画像の切り取りに特化した単機能アプリ

単機能アプリの長所といえば複雑な操作無しで思い通りのことが完了する部分でしょう

画像を切り抜くことができるアプリは山ほどありますが、PhotoShopの様な
多機能アプリは使いこなすのが大変ですし、何より高い

お仕事でPhotoShopを使ってお金を生み出す人や趣味の人なら惜しくはないでしょうが、
主婦さんがちょっと年賀状作成などで子供の写真を切り抜きたいなんて用途で
出せる金額ではありませんよね

今はiPhoneアプリでもかなり手軽に画像の切り抜きが可能なアプリも沢山あるので
iPhoneで撮影してその場で切り抜き加工、合成してFacebookやLineにアップと
iPhone1つで賄えることが沢山ありますが、一眼レフで撮影して
Macに取り込みiPhoneに送信して加工なんて過程は流石に面倒

デジカメで撮影してMacに取り込みそのまま切り抜き加工をしたいなら
PhotoScissorsがおすすめ。

試してみましたが切り抜きたい画像をなぞったりする必要もなく、
非常に楽に必要な部分を切り取ることができます

高性能アプリで複雑な操作をするのが嫌いな人なら検討する価値がありまくりのアプリです

そんなワケでPhotoScissorsの使い方や使い心地をご紹介

PhotoScissorsで画像の切り抜き

PhotoScissorsで画像を切り抜く説明は一瞬で終わるのですが、
PhotoScissorsを起動して一番左上のアイコンから画像を指定

Mac 画像の切り抜きアプリ

後はマスクする部分と削除したい部分を
かなり大雑把に指定、その後”Cut Out”をクリックするだけです
下の画像を見ればお分かりになりますが本当に大雑把です

Mac 画像切り抜きアプリ



上の画像の状態でCut Outボタンを押した結果がコチラ
一瞬で背景が切り取られた画像が作成されました

PhotoScissors 使い方

それをそのまま出力したのがコチラ。
Web用に画像を縮小したものですが、影を残して一瞬で切り抜きができました
その時間1分未満
そりゃあ、あれだけ大雑把で良いんですから1分あればじゅうぶん過ぎです

画像切り抜く方法

影が気になってもPhotoScissorsで保存した場面からそのまま続けて作業できるので
拡大ツールを使って拡大、ブラシを補足して細部をまた大雑把になぞればOK

Mac 画像切り取りアプリ

かなり大雑把すぎて影の部分に粗さが残っていますがこの程度の切り取りなら
1分から2分あれば余裕で完了します。
もう少し時間をかければ綺麗に切り取りできるんでしょうけど、
年賀状などでメインの写真を背景に切り取った子供の写真などをペタペタ貼るなら
これくらいの粗さなら全く気になるレベルではないと思います

画像切り取り方法

手をプルプルさせながら切り取りたい部分の選択範囲を指定する必要なんてありません
超が付くほど大雑把な選択で綺麗に画像の切り取りが可能です

ブログをしている人でも画像の合成を楽しんでいる人でも切り取りって結構使う時が
あったりするものなのでこれほど手軽に時間を短縮できるなら
価値はあるのではないでしょうか?
今ならセールでペットボトルのジュース程度の値段で買えます

PhotoScissors App
カテゴリ: 写真
価格: ¥200

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ