Mac:iPhoneの動画スクリーンキャプチャが録れるX-Mirage使い方

X-Mirage使い方

X-MirageはReflectorと同じくiPhoneの動画スクリーンキャプチャを
撮影
できるMacアプリで使い方もほぼReflactorと同じ

デモ版のReflectorを使っている人なら何も悩まずに使うことができますよ

iPhoneのAirPlayをX-Mirageにするだけ

WiFi必須は基本ですが、X-Mirageを起動した後がオンになっていることを確認して

コントロールセンターからAirPlayでX-Mirageを選択

X-Mirage 使い方

これだけでMacにiPhoneの今の状態が映し出されています
iPhoneにはアプリのインストールはありません
この辺もReflectorと同じですね
録画やストップボタンもX-Mirageの画面上に表示されているのでわかりやすいです

iPhone 動画キャプチャアプリ

後はファイル名や保存場所を決めて”Start Export”で完了

X-Mirage 設定

音ズレなどがどんなものか試してみました。まだ1回なので何とも言えませんがこんな感じ

一応メモリ解放やBluetoothを切ったりとやることはやったんですけどね・・

Reflectorのデモ版使用者には嬉しい事に現在X-Mirageは無料でライセンスが貰える
キャンペーン中です

The Mac Freebie Bundle 3.0

StackSocialアカウントを作成して、Twitterでフォローして
ツイートすればアプリのダウンロード、Web上でライセンスコードが確認できます

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ