Mac:Macの起動が遅くなったと感じたらDelay Startを使ってみれば変わるかも

Delay Start

Macが遅くなる原因ってCPUの使用率とか空きメモリの容量とか他にも沢山の
原因がありますが、Macの起動時間が長くなったと感じる人なら
きっとアプリのログイン項目に沢山のアプリが登録されているのでは?

Macでログイン項目を表示するには”システム環境設定”から”ユーザーとグループ”から

Mac ログイン項目表示

自分のアカウントを選択してログイン項目タブをクリックです
Macの起動が遅いと感じている人はここに沢山アプリが表示されていると思います

Mac 起動が遅い時は

ここでたいして使ってもいないアプリが沢山表示されているならこの時点で
ログイン項目から外したいアプリを選択した状態で
“-“をクリックして外しておくほうがいいです

Mac ログイン項目から削除

ログイン項目には残しておきたいアプリが沢山ある人はDelay Startを使えば
ログイン項目アプリの起動時間が選択できるので、完全に起動後に設定すれば
かなりストレスが減ります

Delay Start使い方

Delay Startの使い方はアプリと起動時間を設定するだけなんですけど、
“Time Setting”からMacを起動した後何秒後にログイン項目アプリを立ち上げるかを設定

Mac 起動が遅い場合の対処法

“Apps to be started:”の+ボタンでDelay Startにアプリを登録するだけです

Mac 起動が遅い時の対処法

パソコンの使い方なんて人それぞれなので一概には言えませんが、
僕の場合作業系アプリは全てログイン項目から削除して、
PopclipやCaffeine、MemoryCleanの様なMac起動時から終了時まで必要な
裏で動いてくれるアプリだけをDelay Startに登録しています

Delay Startのお陰で起動が遅いと感じることも無くなり快適です
無料アプリですし是非試してみてください
劇的に起動にストレスが無くなるかもです

Delay Start App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

とりあえずDelay Startで解決するかも知れません

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ