バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、バックアップを作成できませんでした。このiPhoneのバックアップを削除してからやり直して下さいが出た時の対処法

「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、バックアップを作成できませんでした。このiPhoneのバックアップを削除してからやり直して下さい」

iTunes iPhoneバックアップ 削除
今日仕事から帰り、Mac、iTunesを起動すると、このようなダイヤログが表示されました。

そう言えば、普段iTunesのデータは外付けHDDに入れているのですが、今日の朝は普段挿したままの外付けHDDを外しているのにバックアップを取っていたことが何か関係しているのでしょうか?

何が原因でこのエラーが表示されているのか、本来ならすぐに究明するところですが、ダイヤログに「このiPhoneのバックアップを削除してからやり直して下さい」と表示されているのでその通りにやってみることに。

iPhoneのバックアップを削除するにはiTunesを起動、アクティブな状態でメニューバーの「環境設定」から
バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がない

開いた画面の”デバイス”タブを選択し、バックアップを選択して「バックアップを削除」をクリック
iPhone バックアップ削除

即座にバックアップが消滅するので「OK」を選択
このiPhoneのバックアップを削除してからやり直して下さい

ではiTunesに戻って早速バックアップを作成してみると無事バックアップの作成が始まりました。

もし、同じく「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、バックアップを作成できませんでした。このiPhoneのバックアップを削除してからやり直して下さい」が出た時はこの方法で大丈夫ですね。

バックアップを削除すると考えると、少し気が引けるように感じますが、すぐさまバックアップを作成するので過去のバックアップは不要と考えれば意外と思い切りが付きます


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ