iPhoneの動画キャプチャアプリ「Reflector」の音ズレで悩んでいる人はこうすれば改善されるかもって話

Reflector使い方

iPhoneの画面を動画でキャプチャ出来るiPhoneアプリは今まで幾つか審査を潜り抜けて
販売されてきましたが、すぐに削除されてしまいます

僕は以前1日で削除されたxRecと言う動画キャプチャが出来るiPhoneアプリを購入しましたが
OSのアップデートで使えなくなり、結局Reflectorを購入しました

使いだせば分かりますがReflectorは音ズレが酷いで結構有名です
そこで色々情報をググってみましたがこれと言って改善策はありませんでした

メモリをかなり消費するアプリなのはすぐに分かるので、Reflector使用時は
MacもiPhoneも他のアプリを全て終了してメモリ解放してから使っています

それでも音ズレする時はしますけどね。

まぁ、仕方ないと思い使っていましたが、最近購入したiPhoneをサブディスプレイにするアプリ
「iDisplay Mini」を始めて使った時にこの様な画面が表示されました

Reflector音ズレ改善方法?

“重要”
お使いのiPhoneのBluetoothをオフにして下さい。WiFi接続の妨げになる可能性があります

iDisplayはReflectorと同じくWiFi接続でMacとiPhoneを繋ぐアプリ。
この表示が接続時の事を言っているのか接続後もスムーズに動くように言っているのかは
僕には分かりませんが、Bluetoothを切ってキャプチャした動画は
全く音ズレが無かったです

ついでに以前音ズレがあったFlappy Birdでも試してみました

でもこの2つの動画は時間も短ければ重いゲームでも無いのでたまたまかなと思い、
これで試せば分かるだろうとInfinity Blade3でも試してみましたが、
音ズレが無かったです

これがたまたまなのか、MacもiPhoneも全てのアプリを終了してメモリ解放した後
MacもiPhoneもBluetoothをオフにして試したのが良かったのか
もう少し続けてみないとハッキリとは分かりません
もっと試してから記事にしようかとも思いましたが、そんな頻繁にキャプチャする
機会も無いので取り敢えず書いてますのであまり効果を感じれなかったらm(__)m

僕は一応MacもiPhoneもBluetoothを切っていますがiMacならiPhoneしか
切れませんね。

もしReflectorの音ズレで悩んでいるなら一度試してみて下さい。多分良い感じです

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ