Macで動画スクリーンキャプチャを撮影する方法

Softwareの使い方などを友人に説明したり、ブログなどに書く時は
何枚もキャプチャ画像を撮影して説明するより動画の方が解りやすい場面も多々あります
Macでは特別なアプリをインストールしなくても標準でインストールされている
QuickTimeだけで動画のキャプチャが可能です

Macで動画スクリーンキャプチャを撮影する方法

QuickTimeを起動してアクティブにの時にメニューバーの”ファイル”から
“新規画面収録”を選択

Macで動画キャプチャ

デスクトップに下の画像のウインドウが表示されるので録画ボタンをクリック

Mac 動画キャプチャの方法

すると画面に”クリックするとフルスクリーンで収録されます。画面の一部を収録する場合は
ドラッグして下さい”と表示されます

Macで動画スクリーンキャプチャを撮影する方法

そのまんまですが画面のどこかをクリックすると全画面収録が始まり、ドラッグすると
指定した範囲だけを録画出来ます

Mac 動画スクリーンキャプチャ撮影方法

撮影を開始すると終了ボタンをクリックするまで撮影し続けるので止め忘れに注意です
停止ボタンを押すと撮影した動画がデスクトップに表示されます。
画面右下のボタンからそのままメール添え付けやYouTubeやFacebookなどに
アクセスすることも出来ますが

Macで動画キャプチャ

多くの人はそのままより一度編集などを行うと思いますので”×”ボタンをクリックして
ファイル名、保存場所、フォーマットを指定して保存
Mac 動画キャプチャの方法
これで一応動画スクリーンキャプチャは出来ていますが人によっては問題になるのが
QuickTimeだけではシステム音が録音出来ないってところです

Macでシステム音付きの動画キャプチャを録画する方法

Mac システム音付き動画を撮影する方法

僕が以前Macでシステム音を録音するためのアプリを探して参照したサイトが
AppleStreamさんです
Soundflowerはシステム音を録音するためのアプリと言うよりMacの音声の出力先を
拡張してくれるアプリで使い方に付いて詳しく書かれています

このエントリではMacでシステム音付きの動画キャプチャの為にSoundflowerを使いますが
基本的にはSoundflowerはインストールするだけ
Soundflowerのダウンロードページから最新版を選んでダウンロードします

Macで音付き動画キャプチャ

ダウンロードした.dmgファイルをダブルクリックして開き
.pkgファイルもダブルクリックして展開するとインストール画面が開きます
後はいつもと同じ様にどんどん進めればインストール完了
Soundflowerインストール_1
Soundflowerインストール2

Soundflowerのインストールさえ終わればMacのシステム音声付き動画キャプチャは
完了したようなものです。後はQuickTimeを使って録画を始める前に
画面右側にある▽ボタンで音声の出力先をSoundflower(2ch)にしてから
録画を始めるだけ。
システム音付きの動画スクリーンキャプチャが撮影出来ます
Macでシステム音声付きの動画キャプチャを録画する方法

注意点

注意点と言うべきなのかは解りませんが参照したAppleStreamさんにも記載されていますが
音声の出力先をSoundflower(2ch)にした時点からMacから全く音が出ないようになります
この設定は録画を終了してもリセットされないので手動で”内蔵マイク”に戻す必要があります
これを忘れるとキャプチャした動画を確認する時にももちろん音声が出ないので
「あれ?やっぱり音声無しになってる」って勘違いしてしまいますよ

Mac 音声付き動画キャプチャを撮影する方法


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ