MacでWebページをPDF保存する方法

Mac WebページをPDF保存する方法

MacでWebページをPDF保存するの方法ですが、使っているブラウザで微妙に方法
(と言うよりボタンの場所)が違うのでChrome、Firefox、Safariとブラウザ別で

Mac:SafariでWebページをPDF保存するには

SafariでWebページをPDF保存

WebページをPDFで保存するなら1番簡単なブラウザがSafariです
保存したいWebページを表示して、メニューバーの”ファイル”をクリックすれば
“PDFとして書き出す”ってボタンがもう見えてます

Mac SafariでWebページをPDF保存する方法

“PDFとして書き出す”を選択すれば後は”保存”をクリックするだけです
ファイル名は最初Webページのタイトル名、場所はデスクトップに
なっています

Mac Webページ保存

Mac:FirefoxでWebページをPDF保存する方法

FirefoxでWebページをPDF保存

僕がメインで使っているブラウザがFirefoxなんですがこちらも
WebページをPDF保存するのは超簡単。ブラウザに保存したいページを表示して
メニューバーの”ファイル”から”プリント”を選択

Mac FirefoxでWebページをPDF保存

プリント画面が表示されて、設定しているプリンターが表示されますが無視して
左下の”PDF”ボタンから”PDFとして保存”を選択すれば保存できます

FirefoxでWebページをPDF保存

Mac:ChromeでWebページをPDF保存する方法

ChromeでWebページをPDF保存するには

多分1番需要がありそうなブラウザなんですが、僕はWindows時代に先にFirefoxに慣れて
しまってインストールはしているもののほぼ使ってませんが
記法ン的には同じですね。メニューバーの”ファイル”から”印刷”を選択

ChromeでWebページをPDF保存する方法

表示された画面の”送信先”で”変更”を選択

MacのChromeでWebページをPDF保存する方法

表示された画面で”PDFに保存”を選択

WebページをPDF保存する方法2

送信先がPDFに変わっているのを確認できたら”保存”ボタンをクリック

PDF保存 Mac

Chromeだと保存先のデフォルトは”書類”になっています。問題がなければそのまま保存で

Webページ保存先

Macユーザーで需要の多そうなSafari、Firefox、ChromeでWebページをPDF保存しましたが
ホントにボタンの位置か工程数が違うだけでやってることは全部一緒ですし
いちいちアプリなんか入れなくても簡単に保存できます

「これは残しておきたい」ってWebページがあればPDFで保存して管理しておく方がいいですよ

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ