MacとiPhone間でテキストや画像までクリップボードで共有出来るCommand-C

command-C使い方

クリップボードでテキストや画像を共有出来るMacとiPhoneアプリCommand-C
Mac版は無料、iPhone版は¥400で販賣されています

アプリの説明によると対応している画像の形式はJPEG、JPEG2000、PNG、TIFFと
言うことで、僕がパッと思い付くのはiPhoneブログを運営している人なんかが
スクリーンショットを撮影してMacに渡す時に素早くなんて使い方ですかね?

普通に撮影した友人や家族なんかと撮っている画像が大量なら
iTunesと同期でiPhotoに入れてしまうほうが楽かも知れないので。。

MacとiPhone間の画像のやり取りを頻繁にする人で面倒に感じているなら
かなり作業を軽減してくれる良いアプリになるかもって感じです

command-c使い方

Mac版はこちらで
Command-C App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

iPhone版はこちら
Command-C App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥400

便利だと感じる人には良いアプリになると思いますが、僕はCommand-Cを購入して
実際に使ったわけでは無いので「おすすめ」と言う言葉は使いません。いや、
使ったらダメでしょ。うんダメだ。

僕もこのブログでiPhoneのスクショをMacに頻繁に渡すので、使い道があるのはあるんですが
僕の場合はテキストはCloud Clipと言うアプリを使っています
Cloud Clipは画像には対応していないんですが、クリップボードのテキスト(もちろんURL対応)
をMacとiPhoneで共有出来る無料アプリです

Mac /iPhone App:CloudClip使い方

画像や他のファイルはDropboxを使ってやり取りをしています

Dropboxは普及し過ぎて説明不要の無料で使える便利サービス

どんなファイルでも保存できてMacとiPhone間はもちろんWindowsにも
ファイルのやり取りで使っているので完全に身体が慣れてしまっていて
もう離れられないんですよね

Dropboxの名前は聞いたことがあるけど使ったことが無いって人は是非使ってみてください
慣れてしまうと無くてはならないアプリになることは間違いありませんから

無料ユーザーの使える容量は最初は2GBですがすぐに7GBくらいに上げれます

Dropboxの容量を増やす方法 実践

この2つを使ってMacとiPhone間でやり取りする事が身体で出来上がっているので
たった¥400ではありますがCommand-Cの購入には踏み切れなかったんですよ

アイコンのデザインは個人的にむちゃくちゃ好き。

ただ、パソコンやiPhoneの使い方は人それぞれですのでCommand-Cで劇的に作業を軽減できて
便利に感じる人も数多くいるとは思います
自分の使用環境に合わせてご検討下さい


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ