Macに入れるべき圧縮・解凍ソフト

初めてMacを触る人が必ずと言えるほど通る道がMacで使う圧縮・解凍ソフトの選択ですが
僕が思うに圧縮ソフト、解凍ソフトの種類は多すぎるほど種類がありますが
殆どの人が普段使用しない形式の圧縮ファイルを作成したり解凍する機会なんて無いでしょ?
どのソフトがどれだけの形式の圧縮や解凍に対応しているか検討するのも時間の無駄
圧縮にしても解凍にしても凡庸的な形式に対応しているソフトを入れておいて
万が一対応しない形式のアーカイブを扱う時だけ”拡張子 解凍”で検索すれば解決するはずです
そんなわけでほとんどのMacユーザーがこれだけ入れとけばほぼ大丈夫ですよってアプリです

Macで使う解凍ソフト

Stuffit Expander

Mac 解凍アプリ

Macユーザーならこれは入れとけって感じの御用達解凍アプリです
ここではどんな形式の解凍に対応なんて長ったらしい事は書きませんが
人によってはこれだけでファイル解凍は事足ります

StuffIt Expander App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

The Unarchiver

The Unarchiver使い方

文字コードの違いからWindowsからの圧縮ファイルをMacで解凍すると文字化けしたりしますが
The Unarchiverなら自動で文字コードを判別して文字化けせずに解凍することが出来ます
対応形式はStuffit Expanderより少し多いのでこちらをデフォにしても問題ありません

The Unarchiver App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

ハッキリ言ってMacで解凍ソフトを探しているならこの2つで大方解決します
これでもダメな形式の場合は最初に書いたように”拡張子 解凍”で検索して下さい
そんな機会そうは無いでしょうし、その方が手っ取り早いです

Macで使う圧縮ソフト

MacではOSに圧縮機能が付いていて、自分一人、又はMac間でしか使わないのなら
圧縮ソフトをインストールする必要はありません
ファイルを右クリックして”ファイル名を圧縮”を選択するだけです

問題はMacのOS機能でZIPファイルを作成してWindowsに送った場合
不要なファイルが追加されていたり文字化けしたりと仕事でいちいちクライアントの
パソコンやOSを聞くのも無理があるので最初からWindowsでも問題なく開ける
圧縮ソフトをインストールしておいた方が無難です

WinArchiver Lite

MacWinzipper使い方

Liteと付くことでお分かりとは思いますがWinArchiver LiteにはPro版?
アプリ名にProとは付いていませんが、有料版があります
お値段は¥2500と少々お高めなわけですが、圧縮ファイルの作成なら
Lite版で充分事足りる人が多いはずです
有料版と無料版の違いは少々機能制限があるだけです。機能制限の項目も
ZIP作成に関しては
ファイルに使用できない文字やファイル名を自動判別
(特殊な文字を使わなければOK)
ZIPにパスワードを付ける時に有料版は文字数無制限、Liteは4文字まで
(業務使用でなければ基本的に4桁どころかパスワードもいらない人が多いでしょ)
有料版は無圧縮アーカイブ作成や個別アーカイブ作成が出来ますがLiteは標準圧縮のみ
(充分でしょ)
ZIPファイルへのコメントがLiteでは付加出来ない
(いりますか?)
といった具合。僕は個人的にWindowsに問題ないアーカイブが作成出来るなら
Lite版で充分では?と思います
どうしても複雑なパスワードを設定する必要がある人やコメントを付けたい人なら
有料版を検討すればいいわけです
WinArchiver Liteは解凍に関しては有料版と比べて機能制限だらけですが、
解凍は上記アプリで問題ないでしょう

WinArchiver Lite App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

WinArchiver App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥2,500

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ