Macの起動時に開くアプリケーションを止める方法

Mac 起動が遅い時は
Macを長く使っていくと自然とアプリを幾つもインストールしてログインと同時に起動するアプリ
もいつの間にか増えて時期にMacの起動に時間がかかるようになっていきます
普段の使用時は快適でも起動時の動きが鈍いと感じる人は不要なログイン時に起動するアプリを
止めるだけで一気にMacが快適に感じます
面倒そうな作業に思えて超簡単ですよ

Macの起動が遅いと感じたら

システム環境設定で”ユーザーとグループ”から自分のアカウントを選択して
ログイン項目タブを選択
システム起動時に開くアプリが表示されるので不必要と思うアプリを選択して
“ー”をクリックするだけです
これは起動時に開くのを止めるだけでアプリケーション自体は残っているので安心して下さい

Mac 起動時のアプリを止める方法

僕の意見としては”まずは切ってみる”です
本当に必要なアプリなら起動時に開く事を止めた後も起動する度に自分で起動します
そうしたアプリはまた先程の画面から”+”で戻せばいいだけです
不要なら滅多に起動しないと思います
そんな使いもしないアプリの為にいつも使うMacの快適さを損ねたら勿体ないですよ
ログインに起動するアプリがたくさん必要な欲張りな人、
ログイン項目で確認して不必要と感じるアプリが無いって人は
Delay Startというアプリを使えばログイン時に起動するアプリを
時間差で開くことが出来て負担を軽減することが出来ます
以前にDelay Startの記事を書いているので良ければ見て下さい

Macの起動が遅くなったと感じたらDelay Startを使ってみれば変わるかも

Macの起動に時間がかかりだしたらDelay Startを使うとアプリのログイン項目を制御出来ます
上の記事ではMacの起動時の負担を軽減するために書いたDelay Startの記事ですが
考え方を逆にすれば、Macを起動した後使うアプリがいつも同じ人
(ブラウザやiTunesなど行動がパターン化している人)
もDelay Startに設定しておくと便利になりますよ


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ